できる勉強法

子供が楽しく問題を解く、簡単な内容から始める勉強方法。発達障害児に効果あり。

簡単な問題でも解けると楽しい。小学校4年生、愛知県名古屋市在住。

小学校4年生の娘がいる母親です。愛知県名古屋市に住んでいます。うちの子が勉強を「好き」とか「嫌い」とか口にするのは、勉強の内容が「簡単」か「わからない」かで判断するというよりは、直感的に「楽しい」か「楽しくない」かで判断していると思います。
ですので、子供が問題を解いている姿を見て「嫌そう」だったら、まずは勉強が楽しくないのです。そんな気持ちの中、イヤイヤ問題を解いても、一向に勉強は終わりません。

子供は楽しいと勉強が頭に入る。

逆に子供って、「そんなことも知っているの?」と、こちらが驚くような、理科や社会で習ったことをスラスラと口にすることってありませんか?漢字は書けなくても、「ことわざ」に詳しかったりしませんか?
面白い、楽しいと感じることで、勉強して覚えようと思っていなくても「すんなりと頭に入る」なんて、子供には何の苦労もないのです。

以前に習った内容が理解できず、勉強が楽しくない。

そう考えると苦手としている勉強の科目でも、改善の余地があることがわかります。計算が大の苦手の、うちの娘は計算問題を解く前からもう憂鬱で、問題を解くことをとても嫌がります。
解き始めの段階で、「わからない」「むずかしい」と言って、勉強になかなか取り組みません。
すでに、以前に習った算数のどこかの部分でつまづいてしまっているので、今やらなければいけない問題が、うちの娘にとっては本当に解けないのです。

1学年前の問題を勉強してみる。

そこで、うちの娘の勉強では、まずは楽しく計算問題を解くことが大事ではないかと考えて、うちの子でもスルスルと簡単に解けるだろう、1学年前の3年生の計算問題を解かせることにしました。
子供が自分で簡単に解ける問題を見つけて、そこから解き始めることは、つまづいている部分にも気づけますし、本人も問題を簡単に解ける状況が楽しくて、計算問題を解くことに抵抗がなくなってきました。

子供の理解度を、母親の私が確認する。

気が付かないうちに、苦手な部分を理解出来ないまま、どんどん学習が進んでしまったために、今習っている問題が解けなくなり、その間に勉強が楽しくなくなってしまったのです。
そんな二の舞にならないように、勉強でわからない部分が出てきた時に、ちゃんと気づけるように、家庭では母親の私が横について一緒に問題に取り組むようになりました。

解けると楽しくなる、自信がついて難しい問題にも取り組む。

うちの娘は予想通り、1学年前の問題だと、勉強を嫌がるどころか、問題を解くのも楽しんでいる様子です。
一つ一つ、しっかり問題を解くことで、本人には次第に自信がついてきたのか、どんどん難しい問題にも自分から取り組むようになってきました。

子供が楽しく問題を解く、勉強ができる近道かも。

うちの子は計算問題が、全く出来ないわけでも、わからないわけでもなかったのです。
ある日から、計算をすることを、楽しく思えなくなってしまっていたのです。今習っている、勉強を理解させたい気持ちが、母親の私にあるのはもちろんです。しかし、まずは、子供が楽しく問題を解くことが、計算問題を得意とする近道になるかもしれないと、今では考えています。

-できる勉強法

関連記事

勉強量と時間を最小限に、まずは勉強を楽しいと思わせる。発達障害時に効果あり。

ADHD発達障害の子、1問ずつをカードにして解かせる勉強方法。大量に勉強させると、子供は勉強を嫌になる。勉強の量や時間を最小限にして、まずは勉強を楽しいと思わせる。

とにかく大きく書く、漢字の勉強は視覚を活用。発達障害児に効果あり。

漢字が苦手な子、とにかく大きく書く勉強方法。漢字の全体の作りが視覚的に分かります。紙が大きければ自由にのびのびと書けます。視覚をうまく活用することで、漢字の勉強はきっと克服できます。

できたらシールで褒める。子供の頑張りを形にする。発達障害児に効果あり。

ほめる気持ちを見える形に、頑張った証をシールで評価する勉強方法。子供の頑張りを、目に見える形にすること。増えるシールが、子供に達成感を感じさせる。もちろん言葉で褒めること、シールで褒めること、どっちも大切です。

難易度レベルを下げて、できるを楽しむ勉強方法。発達障害児に効果あり。

「どうして間違ったのか」「何がダメだったのか」など、勉強の間違いの原因を明確にして、「わかった!」を積み重ねていくことが、勉強ではとても大切だと実感しています。

勉強へ集中力は、親が適度にコントロール。発達障害児に効果あり。

勉強中に子供の集中力が、切れたら一旦休憩。体操や音楽はOK、ただしテレビやゲームはNG。自分がわかる問題だと、集中力は長続きする。わからない問題は、親子で一緒に考える。子供の集中力は、親が適度にコントロール。