できる勉強法

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。

文章問題が苦手な子どもには。

子どもが算数の問題を解くとき、大人が思いもよらないようなところで、つまずくことがあります。
例えば文章問題で、「リンゴが5個、梨が7個、どちらがどれだけ多いでしょう?」、とあったとします。この足し算の問題に子供がつまずいていたとしたら、あなたならどうやって問題の解き方を教えるでしょうか。
ある子供A君がこの問題に苦戦していたとき、文章に出てくる「5」と「7」の数字をなかなかうまく回答に結び付けることができなかったのです。

絵を描くだけでは、ダメだった。

そこでお母さんは「リンゴと梨の数がわかるように、絵を描いてごらんなさい」とアドバイスをしました。さて、A君はどうしたでしょうか…
リンゴと梨の数字がわかるように、リンゴの絵を5個、梨の絵を7個描きました。するとどうでしょう。わかりやすくしたはずの絵が、さらに混乱を招いてしまったのです。
リンゴも梨も、子供の描いた絵では、二つの違いがよくわからなくなってしまったのです。

記号を使うと、わかりやすい。

お母さんは次に、「リンゴには○印を、梨には△印をつけてみたらどう?」とアドバイスしてみました。するとA君は、○印を5個と△印を7個描いて、○と△の数の違いを理解することができました。
A君は、リンゴと梨を○と△の記号に置き換えることで、視覚的にとらえて問題を解くことができたのです。

このように、大人にとっては簡単な問題であっても、子どもは些細な点に引っかかり、答えを出すことができなくなってしまうケースがあるのです。
「子供がわからないところがわからない」という場面に遭遇した時は、まずは問題を視覚的にシンプルに説くための道しるべを伝えていくことが、最も効果的と言えるかもしれません。

道具を使うと、もっとわかりやすい。

絵を描かせて、思考回路をクリアにすることができない場合は、いったいどうしたらいいのでしょうか。
描いたり消したりを繰り返すうちに、子供のやる気が失われてしまうかもしれません。この問題を回避するために有効なのは、マグネットや積木などの、数を数えやすいアイテムを使用する方法です。

実際に、問題に出てくる数字と同じ数だけ、マグネットを並べさせます。そのマグネットに文章問題に合わせて、新たに数を増やしていったり、減らしていったりしながら、目で見るだけでなく、実際に手を使って数を体感させることが重要になってきます。

わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。

学校や塾などの場では、子どもが完全に理解する前に、たくさんのプリントで、問題を解くトレーニングが開始されたりしませんか?
理解しきれていない子どもにとって、トレーニングの開始は苦痛であり、苦手意識の増幅につながってしまいそうですね。
こうなる前に、まずは家庭学習で、子供が数字に慣れていくための、導入部分を作ってあげましょう。

文章問題では、とりあえず数字に着目。

長い文章では、いったい何が大事なキーワードになっているのか、子どもには、それを見つけることは、難しいかもしれません。
何が何個あるのかを、文章を読みながら記憶しておくこともまた、難易度が高いのかもしれません。
そんな時はぜひ「文章の中から、まず数字に着目すること」、そして「その数字がいくつあるのか、わかりやすい目印をつけること」をアドバイスしてみるのはどうでしょうか。

できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫を。

文章問題を読みながら、頭の中で映像に置き換えて問題を解いていくやり方が、すべての子供にとって容易であるとは言えません。
読んでも読んでも、問題が聞いていることの意味が、分からない子どももいるでしょう。
もしかしたら、文章を読む前から答えを考えてみることを、諦めてしまう子どももいるかもしれません。

印のつけ方や道具の使用によって、文章を頭の中で整理する方法を身に着けさせることが、できるのではないでしょうか。
子どもの「わからない、やりたくない」にがっかりしてしまう前に、ちょっとした視覚的工夫をしてみましょう。

-できる勉強法

関連記事

勉強はONとOFF、休憩で集中力を回復。小2の娘に効果が出た。

勉強しながら考え事をしている発達障害の小学校2年生の娘、集中力を維持する勉強方法。5分間の休憩時間に、親子でお喋りして、また勉強。

小学6年生、子供ができない問題は、母親にも難しい。親子で一緒に勉強しよう。発達障害児に効果あり。

上から目線より、子供の目線で、一緒に勉強する方法。6年生の勉強、正直母親の私にも難しい。子供を叱らず、親も一緒に勉強してみる。

家庭での勉強にも「時間割」、子供の勉強効率が変わる。発達障害児に効果あり。

だらだら勉強はもうヤメ。勉強時間を効率的に。勉強する教科や、休憩時間を考えて、時間割を決めていく。終わった項目は、横線を引いて消していく。

勉強ができたらご褒美、難しい問題でレアご褒美。発達障害児に効果あり。

親のちょっとした勉強の工夫で、子供はやる気になってくれる。子どもの興味のあることを一番知っているのは、身近にいる親なので、それを利用しない手はありません。そして、勉強にも、遊び心や楽しいことを取り入れていくことも大切です。

子供が勉強を頑張る。母親は褒め方を勉強する。褒めて親子で一緒に喜ぼう。発達障害児に効果あり。

注意や小言ばかりの私が、褒め方を勉強した体験談。テストの出来た部分を素直に褒めてあげよう。勉強の具体的な変化を褒めると、子供の喜びが大きい。