できる勉強法

勉強はONとOFF、休憩で集中力を回復。小2の娘に効果が出た。

発達障害の小学校2年生の娘、集中力を維持する勉強方法。

うち小学校2年生の娘は、好奇心がとても旺盛で、何をしている時も楽しい時間として過ごしています。
遊ぶことももちろんそうですが、学校の勉強も宿題も、とにかく前向きな姿勢で取り組んでおり、つらいことなどほとんどない様子です。
発達障害の傾向がありますが、素直な性格なので、今の所、育てにくさがなく、親としては助かっています。
きっと嫌なことはさらっと流せてしまうタイプなのでしょう。

勉強しながら、考え事をしている。

学校から帰ってきて、友達と遊び、宿題をすることが習慣化されており、イヤイヤ宿題をしている感じではありませんが、勉強をしている間に、他のこと考えていると思える時間が定期的に発生しています。
宿題しているはずの娘をふっと見ると、手が止まっているのです。
そして今日あった楽しかった話をどんどん話し始めるのです。

学校の楽しかったことを、勉強中に話してきます。

勉強しながら、いろいろと今日1日の学校のことを思い出すようで、ぷつんと勉強の集中力が切れてしまいます。
娘のそういう学校での楽しかったことを話す幸せそうな姿を見るのも聞くのも、私もとても好きなので、つい引き込まれそうになるのですが、その結果、だらだらと宿題をすることになってしまうので、じっと我慢して勉強しなさいと促していました。

勉強の集中力が一度切れると、そのあとはダラダラに。

しかし、一度、勉強の集中力が切れてしまうと、もう終わりで、その後からはダラダラと宿題をすることになってしまい、きちんと考えれば出来る計算問題も間違えてしまう状態です。
これが毎日続くので、このままでは母親の私が毎日ストレスだと思い、いろいろな方法を試してみました。

集中力を回復する一番効果がある方法、一旦勉強を休憩すること。

子供の切れた集中力を回復させるのに、効果が出たのは、一番単純な方法でした。
本人の勉強の集中力が切れた時に、一度休憩を入れるというやり方です。
ONとOFFをはっきりさせることで、本人のやる気を促して、短時間に宿題を終わらせることを実感させるようにしました。

5分間の休憩時間に、親子でお喋りして、また勉強。

まず10分間問題を解かせて、いったん休憩を入れます。
休憩時間は、宿題のことは全く触れずに5分間、娘の話したいことに私が耳を傾けて、心を満たして、また再度、宿題を解かせることにしました。
そしてすっきりして、しっかり勉強タイムに臨めるようです。

勉強はONとOFF、休憩で集中力を回復。うちの娘には効果が出ました。

結果的に、今まで1時間ほど宿題の時間がかかっていましたが、休憩を挟む勉強方法を始めてからは、休憩時間を含めても30分ほどで宿題が終わるという結果が生まれました。
さらに良い結果だったのが、集中が切れてから発生していただろう間違いが、激減したのです。
娘本人も勉強の集中力が上がった効果が実感できたようで、OFFの休憩時間を楽しみに、ONの勉強時間はしっかり宿題に取り組む姿が見られています。

-できる勉強法

関連記事

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫をして勉強してみましょう。

勉強時間は予定表を作る、1日単位と1週間単位、計画通りで効率アップ。

1日の勉強予定表で、勉強する時間を決める。1週間の勉強予定表で、勉強の進め方を決める。発達障害児や知的障害児の勉強では、完璧を目指さず、理解が不十分でも、次の勉強内容に進めることが大切です。

やる気がでない発達障害児には、小さな目標を積み重ねる勉強方法。

いきなり大きな目標では、やる気をなくす。集中力が弱い発達障害児の勉強方法。目標は1日で達成できるものにする。無理やりの勉強じゃなく、上手な目標で子供のやる気を引き出そう。

小学6年生、子供ができない問題は、母親にも難しい。親子で一緒に勉強しよう。発達障害児に効果あり。

上から目線より、子供の目線で、一緒に勉強する方法。6年生の勉強、正直母親の私にも難しい。子供を叱らず、親も一緒に勉強してみる。

小学校1年生、算数につまずく子の勉強方法、1問ずつ丁寧に。

1問解いたら、答え合わせ。1問に集中して勉強する方法。算数が苦手な小学生の勉強方法、発達障害児に効果あり。