できる勉強法

テストで出来なかった問題を、片っ端からやり直していく勉強方法。

勉強は間違った時こそチャンス。テストは点数ではない、やり直すこと。

親は子供の勉強の出来る出来ないを、テストの点数を目安にして考えているところがあると思います。
私もその一人で、子供が100点を取ってくれば安心し、80点を取ってきたら、習熟度が80パーセントしか勉強を理解していないと感じていました。出来たことに対してではなく、出来なかった20点に対して子供を責めてしまったことさえあります。

テストで出来なかった問題を、片っ端からやり直していく勉強方法。

母親の私も手探りで子供の教育に必死だったので、色々本を読み漁ったりしながら、子供の勉強をいい方向へ導いてやりたいと考えていた時に、ある言葉が私の心に響きました。
「テストで出来なかった問題を、片っ端からひとつずつ解決して、やり直していく勉強方法で成績が上向きになった」という言葉です。その時、私に足りないのはこれだと直感しました。

テストの結果は点数ではない、やり直すこと。

テストの結果は点数ではないのです。間違えた問題を一つ一つやり直していくことの積み重ねがとても大切なことだと考えを改めました。
テストで80点だったら、できなかった20点をやり直すだけいい。テストで70点だったら、できなかった30点をやり直すだけでいいんだと、気がついたのです。

わからない問題を放っておかずに勉強。

子供は、テストで間違った問題をやり直すだけで、すぐに問題の内容を理解できる場合もありますし、親子で一緒に考えて、たくさんの時間がかかる場合もありました。
でも、こうやってわからない問題を重点的に放っておかずに勉強しておくと、きちんと理解が深まっていきます。

間違った時こそ、勉強のチャンス。

間違った問題がある時こそむしろ、勉強のチャンスです。一度で出来ないことは、何度でも反復して勉強をやらせてみました。
そうするうちに、子供も少しずつですが、勉強に自信をつけてきます。
勉強は大体わかっているという程度では、いつまでたっても80点しか取れません。間違ったことをきちんと受け止めて、そのままにせずに、丁寧に勉強をやり直すことを続けていけば、きっと子どもの勉強の力も着実についてきます。

習い事も勉強も同じ、間違いの練習が成果になる。

わが子が習っているピアノでも、勉強と同じことが言えると思います。毎日のピアノの練習の積み重ねが大きな成果になります。
なんとなく、適当に弾いていたのでは上達しません。よく間違えるところ、すぐに詰まるところを何度も練習するうちに弾けるようになります。

苦手な勉強の壁を、地道な勉強で克服。

自分で苦手な勉強の壁を克服する対策をしないと、いつまでもクリアできません。苦手なところを繰り返す地道な勉強は、のちの学力に大きく変わっていくはずだと、わが子を見て感じているところです。

-できる勉強法

関連記事

やる気がでない発達障害児には、小さな目標を積み重ねる勉強方法。

いきなり大きな目標では、やる気をなくす。集中力が弱い発達障害児の勉強方法。目標は1日で達成できるものにする。無理やりの勉強じゃなく、上手な目標で子供のやる気を引き出そう。

勉強へ集中力は、親が適度にコントロール。発達障害児に効果あり。

勉強中に子供の集中力が、切れたら一旦休憩。体操や音楽はOK、ただしテレビやゲームはNG。自分がわかる問題だと、集中力は長続きする。わからない問題は、親子で一緒に考える。子供の集中力は、親が適度にコントロール。

勉強を嫌がる小学校5年生、ストップウォッチで時間を計って問題を解く勉強方法。

学校は好きだけど、勉強を嫌がる発達障害の次女。ストップウォッチで時間を計って問題を解く。次はもっと早く。勉強を頑張るように。勉強も、普段の生活も、有効に時間が使えて一石二鳥。

娘に甘い父親が勉強を教えたら、びっくりするほど効果があった。

自閉症気味の娘、厳しい母親より、優しい父親が勉強を教えると、なんだか、びっくりするほど勉強ができている。焦って叱っても、勉強ができるようにならない。勉強は、子供の能力あったスピードでやらせること。

国語は音読が基本、いろんな種類の音読で、親子で楽しい勉強方法

障害を持つ子の国語の勉強では、音読が最も大切です。 メニュー 国語の勉強は、音読が基本 毎日、音読を繰り返していると、文章の理解が早くなります。 音読は、文章を声に出して読むことで、自分の耳で文章が聞 …