できる勉強法

勉強につまずく、1つ前の学年から再復習。発達障害児の勉強法。

勉強は理解が不十分なまま進まない。回り道が近道。アスペルガーの娘の勉強方法。

子供が勉強につまずいてしまった時はどうしますか。
何度も説明する、説明の仕方を変える、先生に相談する、色々ありますよね。

分数の計算でつまずく、うちの娘。

我が家の場合、小学校6年生の分数の計算で「分からない」「できない」の壁にぶち当たり、つまずいてしまいました。単純な分数ではなく、分母の異なる分数の計算です。
算数の勉強はできる子だったので、親としては、がっかりしましたが、私ががっかりところで宿題は終わりません。

弱点は、基礎から勉強し直す。

マンツーマンで娘の横に張り付き、なるべく丁寧に分数の勉強を説明をしましたが、いまいち理解をしてくれませんでした。
そこで、思い切って分数の基礎から勉強し直すことにしました。
娘の弱点は、通分です。

前の学年の教科書を復習する。

分母が2と3ならば、通分するときに使う数字は6だと、わかれば計算ができますが、娘はそこが弱点なのです。
通分が苦手ならば、前の学年の5年生で習った最小公倍数や最小公約数をもう1度復習すれば良いと思いました。
なので、1年前の算数の教科書を取り出して、やり直しさせました。

忘れてた内容を、勉強できる。

最初は「前の学年の勉強だし、こんなの簡単にできるよ〜」とやる気がなさそうでしたが、いざ問題を解いてみると、色々忘れていた内容があったようで、少し苦戦して勉強していました。
親の狙いとしては、完璧です。
自分ができると思っていた勉強ができない、と身をもって分かったわけですから。

勉強は、前の学年からの積み重ね。

小学生でも、学年が上がれば上がるほど、算数の問題は、今まで習ってきた勉強の、基礎がなければ解くのが難しくなってきます。
うちの娘の場合もそうで、分数の計算と1口にいっても、それには前の学年までに習った勉強の内容を理解していないと解けないのです。

1つ前の学年の勉強で、子供に自信。

前の学年までに習った勉強で、どれか1つでも苦手な内容があると、新しく習った計算ができない、算数が嫌いという事態になってしまいます。
つまずいた時は、敢えて1つ前の単元、1つ下の学年に戻り、子供に自信をつけさせた方が良いと思います。

理解が不十分で進まない。急がば回れ。

自信がないまま、理解が不十分なまま学習を続けるか。
多少回り道をしてでも自信をつけさせ、十分な理解をしたと判断してから次の勉強に進むか。
子供の勉強では、回り道でもちょっとずつの方が良いことは明らかです。
ことわざに「急がば回れ」とありますが、勉強も同じですよね。

-できる勉強法

関連記事

勉強量はちょっとずつ、短時間集中で学習効果アップ。発達障害児に効果あり。

ADHD発達障害児、家庭学習の量は無理をせず、簡単に出来る内容からトライを。勉強嫌いな息子、宿題も教材もやるのはかなり苦痛。勉強量に慣れてきたら、問題数を増やして勉強させる。

ちょっとした勉強の工夫、親のアドバイスで勉強のつまずきを解消。発達障害児に効果あり。

もともと字を雑に書く小学校6年生の息子。計算問題の筆算となると、速く問題を解こうとするので、より一層雑に書いていました。

耳で聞く勉強方法、聴覚が得意な発達障害児の勉強方法。

耳で聞く聴覚が得意な発達障害児の勉強方法。声に出すと計算の答えがわかる子。お風呂で声を出して、かけ算九九の勉強。やりやすい勉強方法は、人それぞれです。

勉強は、少しずつでも確実に定着していく事が大事。発達障害児に効果あり。

その子の学年の勉強じゃなく、その子本人にあった勉強を。少しずつでも毎日コツコツ勉強、心に余裕で親子バトルもなくなる。

勉強へ集中力は、親が適度にコントロール。発達障害児に効果あり。

勉強中に子供の集中力が、切れたら一旦休憩。体操や音楽はOK、ただしテレビやゲームはNG。自分がわかる問題だと、集中力は長続きする。わからない問題は、親子で一緒に考える。子供の集中力は、親が適度にコントロール。