障害児の勉強失敗談

苦手な漢字を頑張って勉強、自信を持つと進んで勉強するようになった。

小学2年生、ADHDの息子。算数は得意でも漢字は苦手。自信で子供は変わる。

小学2年生の息子を持つ40歳の母親です。建設会社で20年ほど一般事務をしています。私はA型に見えないほど適当なところがありながら、一回気にしだすと最後までやらないと気が済まないところもあります。
子供の勉強に関しても、口うるさく注意してしまうので、常にうるさいって息子に文句を言われてしまいます。息子はそんな私が大丈夫か心配になるほどの適当な性格で、天然のお調子者です。また、ADHDの傾向があり、注意力が弱く、気が散りやすいのですが、授業中に立ち歩くなどの問題行動はありません。

ADHD発達障害の息子、算数の勉強を褒められ、よく頑張る。

そんなうちの息子ですが、1年生のときクラスの担任の先生が「算数の勉強が得意だね」と言ってくれたことが、とても嬉しかったらしく、その日から「俺は算数の勉強が得意なんだ!」とその気になってくれ、2年生になった今でも、算数の勉強は、調子よく頑張っています。ただ単に、お調子者って気がしますが、その性格がプラスになっています。

漢字の勉強は苦手、テストで20点。

算数の反対に、最もできない勉強が漢字です。夏休み前に50問テストがあるので、テストのプリントを持って帰ってきたのでやらせてみると、なんと20点。先生が漢字90点になるまで、夏休みまで再テスト・再々テストをいくらでもやります、と話をしていたので、その日から毎日頑張って一緒に漢字練習をしました。

毎日の家庭学習で、漢字を練習させています。

書けない漢字を20字程度、毎日ノート書いて練習。そして私が作った練習用のテストをやらせて、そこで間違えた漢字をまた練習、それを毎日繰り返し勉強していました。
次の学校での漢字テストを目標に頑張って、徐々に間違える字が少なくなってきました。

漢字テストで85点、勉強した成果が出ました。

学校でテストがあった日に、家に帰ってきたら、「頑張ったんだけど85点かな?」と、息子が言いました。そのとき私が「よく勉強頑張ったね。最初は20点だったんだから、すごく覚えられたじゃん。」と言うと、照れくさそうに「うん!!」と嬉しそうに答えてくれました。
夏休みに入り、先生との面談のときに、漢字テストの答案を返してくれるので、漢字テストの結果を楽しみに面談に行ってみました。テストの結果は、息子の予想通り85点。間違った漢字は、思わず先生も私も「おしい。」って言ってしまう、ちょっとした間違いばかり。あとちょっとの頑張りで、100点が取れそうな内容でした。

できたと思ったら、次は15点。また勉強のやり直し。

本人にテスト結果を言うと「やっぱり」となぜか自信満々に答えてくれました。
夏休みが明け、2学期が始まり、漢字テストの結果を見てまたまたびっくり。今度はなんと15点。前より点数が取れないって。こないだ一生懸命頑張ったのは何だったんだ、と思われる点数が帰ってきました。

一度、漢字に自信を持ったら、進んで勉強するように。

当の息子本人は「次は漢字の勉強頑張る」と自信満々に言ってます。算数の勉強と同じように、漢字にも自信をもたせたので、嫌がることなく、毎日勉強を頑張れるようになっています。自分から進んで、勉強するようになったのは、大きな進歩。あとはテストの点数が良くなってくれればいいのですが。

-障害児の勉強失敗談

関連記事

ADHD発達障害児、珍解答連発、新しい漢字を発明、聞かれてないことを答える。

うっかりミスや珍回答で笑っちゃう、ADHD注意欠如多動性障害タイプの子。問題をよく読まずに、勝手に答えを書いてく。子どもならではの珍解答、これってそのままじゃダメ?苦手意識を持たせず、いいところを伸ばす、ADHD発達障害児には特に重要。

アスペルガー症候群、いろんな教え方でパニックになる子

まじめでマイペース、アスペルガー症候群の傾向がある子。学校と親、教え方が違うと、子供はパニックになる。勉強の教え方は、学校を基準に。

勉強は継続していくもの。たまには振り返りの勉強を。発達障害児に効果あり。

小学校3年生、勉強は習ったことの積み重ね。前に習ったことを復習してみると、娘は「だって今はやってない内容だもん。」

母親の言葉が、勉強の足を引っ張る。ネガティブ発言は勉強の邪魔。

勉強に対してやる気の全くない小学校4年生のうちの息子。私がネガティブな言葉で勉強のモチベーションを下げてた。やればできると信じて、子供の勉強を見守ります。

ADHD発達障害児、5年生の算数は鬼門。割合が分からない娘VS割合を教えたい母。

計算はできるけど応用問題ができない、ADHD発達障害児。母親、父親の勉強の教え方が違って、子供はさらに混乱。教科書の例題で勉強すると、子供もある程度理解できた。家庭の勉強の教え方も、学校と同じにすると、子供にもわかりやすい。