できる勉強法

小学生の勉強、できるイメージトレーニングで成績が伸びる。

勉強に消極的な小学校4年生の息子、できるイメージで勉強に自信が。

アスリートが「イメージトレーニング」を行っているという話をよく耳にします。
また、テレビで見たのですが、手術を執刀するイメージトレーニングをしている外科医もいるそうです。

できるイメージを頭の中に描く。

「できるイメージを頭の中に描く」ことにより、勝負に勝つ脳が、作られていきます。これにより、野球選手は、投げ込まれてくる変化球を、みごとにバットに当てることが出来るし、また、外科医は、どこにメスを入れるかイメージして、1ミリより小さい単位で正確にメスを入れることが出来るのです。

子供でもイメージトレーニングを活用。

最近では、特にスポーツをする子供に、うまい選手や素晴らしい試合のビデオをみせて、イメージトレーニングを、行う試みが行われています。
「こうやればできる」というイメージを持ち、自分もそのフォームに重ね合わせて、やってみることで、「できる」という感覚をつかんでいきます。

できないイメージは、逆効果。

しかし、逆に「できないかもしれない」と考えると、脳は即座に「できない」という情報を発信します。そして、本当にできなくなってしまうのだそうです。できない、不安なイメージは逆効果になるのです。

小4の息子の勉強でもイメージトレーニングを実施。

この事実を知ってから、子供の運動でも、勉強でも、「できる」と思わせることを、常に意識して、接しています。一番避けたいのは、「苦手だな」「嫌いだな」と思わせしまい、そのイメージが定着してしまうこと。「できる」と思えるから、スポーツの辛い練習や、勉強にも頑張れるし、頑張ることが楽しくなるのですよね。具体的には、わが家では、勉強に消極的な小学校4年生の息子の勉強に次のようなことを心がけました。

勉強ができた、進歩した、と思わせる。

まずは一つ目は、「昨日、よりできた」という点に注目し、進歩したことを褒めてあげること。
たとえ少しずつでも、正解しているなら、それをきちんと評価してあげて、子供自身に「前進している」という気持ちを持たせるよう働きかけます。

勉強の間違いを責めない。

二つ目は「まちがうことを恐れさせないこと」。まちがいを責めずに、「やり直せばいい」「まちがったことを次の正解につなげればいい」ということを教えます。
以前は国語の音読では、声が小さく、読むスピードも遅かったのが、間違ってもいいという気持ちで、大きな声で素早く読めるようになりました。

勉強ができた体験を積み重ねる。

そして、三つ目は、まず出来る問題を与え、「できた」という体験を積み重ねること。
できなくなったら、基本に立ち返り、できる問題を解いて、勉強は「やれば、できる」という気持ちを取り戻させます。その上で、少しずつステップアップし、子供の気持ちを難問で追い詰めてしまわないよう配慮します。

イメージトレーニングで、息子の勉強が伸びた。

このような対策の成果でしょうか。うちの息子は学校の担任の先生に、「トラブルがあっても、他の子のように、動揺せず、落ち着いている」「できるという自信が根底にあり、その結果、根気強く物事にとりくめる」などと、評価していただいたことがあります。成績も以前に比べて伸びはじめました。

子供に勉強を楽しくさせる、親の工夫が必要。

子供にとって有益なことは、勉強をしなさいと上から押し付けることではなく、「勉強を楽しいものにさせる」という、親の働きかけなのですね。
これからも、子供の勉強では、「できる」という気持ちを育んでいけるよう、工夫を重ねていきたいと思います。

-できる勉強法

関連記事

できる問題からステップアップする勉強方法。発達障害児に効果あり。

小学校4年生の娘は、国語の物語の読解などは得意ですが、算数の勉強が苦手で、勉強した翌日には、もう忘れてる状態です。

カードで1問ずつなら勉強できる発達障害児、プリントでは、やる気をなくす。

好きな勉強と、嫌いな勉強、やる気が極端な子の勉強方法。苦手なことほど、1問ずつ成功体験を積み重ねることが大切。単語帳のカードで1問ずつ、これなら勉強できる。集中力が高まり、本人のペースで勉強が進められる。

勉強につまづいたら、前の学年を復習、できることをやる。発達障害児に効果あり。

できない時は、前の学年の内容を復習、できることをやる勉強方法。勉強が苦手な子、これまで習った内容を覚えていない。つまづきの対策に、前の学年の勉強をやらせる。今の学習が子どもの理解度に合っていないと感じたら、無理して先を急ぐことはやめてみませんか?

勉強へのやる気を引き出す、親の言葉かけ。発達障害児に効果あり。

ADHD発達障害児、できることを褒めながら、子供のやる気を引き出す勉強方法。間違いを単刀直入に指摘しない。言葉かけを工夫すると、子供のやる気がアップする。タイマーで時間測定も、集中力アップに効果あり。

発達障害児の勉強方法は、予習、授業、復習の繰り返しが基本。

予習と復習は、障害児の勉強のポイントです。発達障害児や知的障害児は、学校の授業だけでは、勉強の内容を理解できません。そのため、家庭でしっかり予習と復習をすることで、授業の内容を理解し身につけることができます。