できる勉強法

漢字も筆算も小さい文字だと間違える。勉強は大きな文字で。発達障害児に効果あり。

小学校3年生、勉強は大きな文字で、漢字も筆算も、しっかりわかる。

うちの息子が小学校3年生の時、漢字練習のノートを見てみると、先生に直されている部分がいくつかあり、しかも適当に書きました、というような書き方でした。本当にしっかり分かっているのか心配になり、ちょっと漢字を書かせてみました。

漢字の間違い、小学校3年生から複雑な漢字が多くなる。

すると、複雑な漢字のちょっとした部分の間違いが多いことに気づきました。小学校3年生や4年生の中学年は、ちょうど沢山の新出漢字があり、画数も多い漢字がでてきます。教科書は意外と文字が小さく、漢字の細かい部分は見えづらいようでした。
宿題の漢字プリントも、息子にはちょっと小さい感じがしました。そこで1番大きいマスの漢字練習ノートを買ってきて、そのノートに私が大きくお手本の漢字を書き、それを見て子供が練習するという方法をとりました。

大きいマスに、漢字を大きく書くと、しっかりわかる。

そうすると、一つ一つの漢字をよく見て書けるし、大きく書けるのでしっかり確認できるため、間違いはなくなっていきました。なんとなく分かっている状態から、しっかり分かっているに変わっていきました。狭いマスの中に字を書くより、大きいマスの中に書く方が、本人も漢字の勉強がやりやすかったようでした。
今では、そんなに大きなマスのノートを使わなくても、しっかり書けるようになっていますが、間違った漢字については、大きめなマスのノートに書かせて確認するようにしています。

算数の計算、筆算は文字を大きくする。

算数の計算でも同じことがありました。計算の筆算ミスがややある息子。解き方を理解しているのに間違ってしまう・・・。間違い直しをしても、同じ問題をまた間違ってしまうこともありました。そこで算数の計算でも、漢字の時と同じように、紙に大きく筆算を書いて解かせました。するとミスはありませんでした。
狭いスペースで解こうとすると、筆算を解いているうちに、計算が分からなくなってしまうようでした。大きくしっかり見えるように書くと解けるので、テストの時は狭いスペースで無理やり筆算するのではなく、ちょっと広めのスペースで計算するようにと意識させたら、算数のテストでの計算間違いも前よりなくなっていきました。

算数の文章問題も、大きくすると集中できる。

算数の文章問題も同じで、教材の1ページにたくさん問題が書かれていると、見ただけでやる気がなくなり、考えられなくなる息子でした。そこで問題を拡大コピーして、1ページに1問くらいの文章題を貼り、解かせました。すると文章の文字が大きくなったことで考えやすくなり、1問だけだと、その問題に集中して取り組むことができていました。

大きくする、そのちょっとした工夫。

ついつい「この学年はこれくらいのノートのマスじゃないと」とか、「教材をそのまま解かせよう」と思ってしまいますが、その子供にあった大きさの文字で学習できるように、ちょっと工夫するだけで、子供にはかなり理解しやすくなるようです。
視覚的に分かりやすくすることで学力が確実に定着していくことを実感しました。

-できる勉強法

関連記事

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫をして勉強してみましょう。

大きさや量、理解できない問題は、実物を目で見てイメージ。発達障害児に効果あり。

広さ、長さ、大きさ、量などは、実物を見せてイメージさせる勉強方法が効果的。計算は得意でも、大きさや量がイメージできない。計量カップやペットボトルで、実物を見てイメージ。わからないことでも、実物を見れば理解できるようになる。

漢字を大きな紙に書いて覚える勉強方法、発達障害児に効果あり。

漢字を間違う子には、この勉強方法を試してみよう。漢字を書き写すことができない子が、大きく書くと正しく書けた。ただ大きな紙に漢字を書いてあげるだけの勉強方法。画数が多い漢字にも、この勉強方法は応用できます。

カードで1問ずつなら勉強できる発達障害児、プリントでは、やる気をなくす。

好きな勉強と、嫌いな勉強、やる気が極端な子の勉強方法。苦手なことほど、1問ずつ成功体験を積み重ねることが大切。単語帳のカードで1問ずつ、これなら勉強できる。集中力が高まり、本人のペースで勉強が進められる。

勉強へ集中力は、親が適度にコントロール。発達障害児に効果あり。

勉強中に子供の集中力が、切れたら一旦休憩。体操や音楽はOK、ただしテレビやゲームはNG。自分がわかる問題だと、集中力は長続きする。わからない問題は、親子で一緒に考える。子供の集中力は、親が適度にコントロール。