できる勉強法

漢字も筆算も小さい文字だと間違える。勉強は大きな文字で。発達障害児に効果あり。

小学校3年生、勉強は大きな文字で、漢字も筆算も、しっかりわかる。

うちの息子が小学校3年生の時、漢字練習のノートを見てみると、先生に直されている部分がいくつかあり、しかも適当に書きました、というような書き方でした。本当にしっかり分かっているのか心配になり、ちょっと漢字を書かせてみました。

漢字の間違い、小学校3年生から複雑な漢字が多くなる。

すると、複雑な漢字のちょっとした部分の間違いが多いことに気づきました。小学校3年生や4年生の中学年は、ちょうど沢山の新出漢字があり、画数も多い漢字がでてきます。教科書は意外と文字が小さく、漢字の細かい部分は見えづらいようでした。
宿題の漢字プリントも、息子にはちょっと小さい感じがしました。そこで1番大きいマスの漢字練習ノートを買ってきて、そのノートに私が大きくお手本の漢字を書き、それを見て子供が練習するという方法をとりました。

大きいマスに、漢字を大きく書くと、しっかりわかる。

そうすると、一つ一つの漢字をよく見て書けるし、大きく書けるのでしっかり確認できるため、間違いはなくなっていきました。なんとなく分かっている状態から、しっかり分かっているに変わっていきました。狭いマスの中に字を書くより、大きいマスの中に書く方が、本人も漢字の勉強がやりやすかったようでした。
今では、そんなに大きなマスのノートを使わなくても、しっかり書けるようになっていますが、間違った漢字については、大きめなマスのノートに書かせて確認するようにしています。

算数の計算、筆算は文字を大きくする。

算数の計算でも同じことがありました。計算の筆算ミスがややある息子。解き方を理解しているのに間違ってしまう・・・。間違い直しをしても、同じ問題をまた間違ってしまうこともありました。そこで算数の計算でも、漢字の時と同じように、紙に大きく筆算を書いて解かせました。するとミスはありませんでした。
狭いスペースで解こうとすると、筆算を解いているうちに、計算が分からなくなってしまうようでした。大きくしっかり見えるように書くと解けるので、テストの時は狭いスペースで無理やり筆算するのではなく、ちょっと広めのスペースで計算するようにと意識させたら、算数のテストでの計算間違いも前よりなくなっていきました。

算数の文章問題も、大きくすると集中できる。

算数の文章問題も同じで、教材の1ページにたくさん問題が書かれていると、見ただけでやる気がなくなり、考えられなくなる息子でした。そこで問題を拡大コピーして、1ページに1問くらいの文章題を貼り、解かせました。すると文章の文字が大きくなったことで考えやすくなり、1問だけだと、その問題に集中して取り組むことができていました。

大きくする、そのちょっとした工夫。

ついつい「この学年はこれくらいのノートのマスじゃないと」とか、「教材をそのまま解かせよう」と思ってしまいますが、その子供にあった大きさの文字で学習できるように、ちょっと工夫するだけで、子供にはかなり理解しやすくなるようです。
視覚的に分かりやすくすることで学力が確実に定着していくことを実感しました。

-できる勉強法

関連記事

勉強ができない発達障害児、勉強方法を変えるとできた。

できないように見える、その子の個性を理解する。発達障害児の勉強方法。全く訳のわからないことに、興味はでない。見てわかると、文章問題もできるようになった。

「最近怒らないね」母の態度で子供の勉強意欲は変わる。発達障害児の勉強法。

小学校3年生、嫌な勉強はしない。こだわりが強いアスペルガー発達障害児。嫌がることには、理由がある。勉強を教える時は、穏やかに、冷静に、受容的な態度で。

親が子供を認める、その安心感が勉強意欲になる。発達障害児に効果あり。

親が子供を褒めてあげて、学習意欲をアップさせる勉強方法。子供の悩みをしっかり聞く。母親が子供を褒めて認めてあげること。子供が安心すると、次のチャレンジへつながる。親が子供を褒めて認めてあげること、それで子供の学習意欲がアップ。

やる気がでない発達障害児には、小さな目標を積み重ねる勉強方法。

いきなり大きな目標では、やる気をなくす。集中力が弱い発達障害児の勉強方法。目標は1日で達成できるものにする。無理やりの勉強じゃなく、上手な目標で子供のやる気を引き出そう。

発達障害児のテスト勉強、失敗パターンとテスト対策。

勉強が苦手な障害を持つ子が、前向きになれるように、母親がしっかり頑張りを評価する。そして、テストの対策を家庭で練習することで、0点が10点、10点が20点と、ちょっとずつ成長できるように頑張りましょう。