できる勉強法

勉強の時間を決める、時間を測る。タイムで勉強の集中力アップ。発達障害児に効果あり。

タイム計測する勉強方法で、子供も親もやる気アップ。

小学生の勉強でよくある問題として、集中力がなかなか長い時間は続かないということがありますよね。集中できる子でも、なかなか1時間のうち、ずっと勉強に集中するのは難しいと思います。急ぎすぎて勉強するのはダメですが、短時間で集中的にやることが、勉強では結果に結びつくと思います。

勉強する時間を決める。勉強の集中力を高めるポイント。

小学生が勉強に集中するには、実際に何時何分までというように、勉強する時間を決めることが、集中力を高めるポイントです。
また、ストップウォッチを使って、勉強した時間が明確にわかるようにすることも、非常にやる気につながるポイントになります。

時間が見えると、勉強への意欲につながる。

大人でもそうですが、終わりの時間が見えると、あと何分だから集中して進めようとか、あと何分だから、もう少しスピードをアップしよう、などと考えることができるようになります。
また、ストップウォッチなどで問題を解いた時間を測るようにすると、決まった時間までに終わったから、次は何分以内で終わらせようなどと、次の勉強への意欲にもつながります。

褒め言葉だけじゃ、限界があります。

親が言葉で褒めて、子供の勉強のやる気を出していくことも、並行して大事になりますが、繰り返していくにつれて、なかなか子供に褒め言葉も響きづらくなっていくこともあると思います。

時間を意識して勉強する。

そんな時、時間に焦点をおいて、勉強をさせていくことが非常に有効です。勉強をしながら、あと何分で勉強を終わらせるには、どうやって工夫したらいいんだろうとか、前回は何分までに終わったから、もっと早く終わるようにしたいという、勉強を頑張る気持ちがでてきます。

勉強のタイムを記録して、ご褒美シール。

勉強時間を紙に記録しておくのも、子供のやる気を引き出せます。タイムの記録を書く用紙を作り、ご褒美のシールなどと一緒に保管しておくのが良いと思います。
前回の勉強の記録を書くことで、この前はこうだったから、今日はこのくらいの時間で出来るように頑張るという、目標を立てることができます。

子供のタイムが上がると、親のやる気もアップします。

そのようにタイムを記録することで、実際の勉強の様子や、これだけの勉強を、この時間でできるようになったということが、目に見えてわかるようになり、子供自身が達成感を実感できるだけでなく、親も子供の勉強の成長を実感しやすいという利点があります。
子供の勉強のタイムが良くなると、親のモチベーションもアップします。

親子で楽しみながら、勉強のタイムを測ってみよう。

小学生の子供に勉強を集中させることは、なかなか難しいことですが、言葉で褒めるだけでなく、タイムという数字で表すことで、本人の勉強へのモチベーションアップにつなげることが出来ると思います。ご褒美のシールなども併用して、子供との勉強を、親子で一緒に楽しんでやれるように工夫していきたいですね。

-できる勉強法

関連記事

勉強へ集中力は、親が適度にコントロール。発達障害児に効果あり。

勉強中に子供の集中力が、切れたら一旦休憩。体操や音楽はOK、ただしテレビやゲームはNG。自分がわかる問題だと、集中力は長続きする。わからない問題は、親子で一緒に考える。子供の集中力は、親が適度にコントロール。

できたらシールで褒める。子供の頑張りを形にする。発達障害児に効果あり。

ほめる気持ちを見える形に、頑張った証をシールで評価する勉強方法。子供の頑張りを、目に見える形にすること。増えるシールが、子供に達成感を感じさせる。もちろん言葉で褒めること、シールで褒めること、どっちも大切です。

1度にたくさんはダメ、カード学習で勉強する量と時間を決める。発達障害児に効果あり。

多すぎるとやる気がなくなる。子供をやる気にさせる、カードを使った勉強法。繰り返しに向いているカード学習、工夫していろんなミッションを。

勉強ができる、とにかく子供を信じる親子の信頼。発達障害児に効果あり。

ADHD発達障害児、親子の信頼関係でやる気がアップ、子供を信じる勉強方法。叱ってばかりじゃ、子供の自尊心を傷つける。子供が勉強ができないと、親が勝手に決めつけていた。とにかく子供を信じる。親子の信頼関係で、子供のやる気がアップ。

勉強ができたらご褒美、難しい問題でレアご褒美。発達障害児に効果あり。

親のちょっとした勉強の工夫で、子供はやる気になってくれる。子どもの興味のあることを一番知っているのは、身近にいる親なので、それを利用しない手はありません。そして、勉強にも、遊び心や楽しいことを取り入れていくことも大切です。