できる勉強法

小学校1年生、算数につまずく子の勉強方法、1問ずつ丁寧に。

算数が苦手な小学生の勉強方法、発達障害児に効果あり。

小学生の勉強は、なかなか集中時間も長くは続かないので、難しいですよね。また、子供の性格によって、得意不得意もあるので、苦手な勉強については、特に集中するのが難しかったりしますよね。特に算数は、得意不得意がでる科目ですが、宿題が出ることも多く、繰り返しやるので、不得意でなかなか取り組むのが辛い場合、非常に困る科目です。

小学校1年生の算数、繰り上がり繰り下がりでつまずく子。

小学校1年生の頃の算数の勉強では、簡単に手を使って計算できる足し算や引き算は、比較的簡単にできたのですが、次のステップとなる10以上の数からの足し算や引き算について、繰り上がり、繰り下がりの理解が難しくなります。何分も悩みながら時間をかけて勉強することになって、集中力に欠けたり、勉強のやる気が出ずに、途中で諦めてしまうという子も多いと思います。

1問に集中して勉強する方法。

新しいことを勉強するときに、問題がたくさんあると、やる気がなくなったり、集中力に欠けてしまうので、1問ずつに集中して勉強することが大事です。
たくさんの問題があるプリントをやらせるのではなく、ノートに1問だけ問題を書いて、じっくり勉強すると効果があります。
まず1問1問、わからない部分を明確にして、勉強していくことで、苦手意識を減らしていくことが出来ます。

1問解いたら、答え合わせ。

1問解いては、答え合わせをしていくと、時間がかかりますが、苦手でやりたくないという気持ちが払拭できますので、結果的には短時間で終わらせることが出来ます。
また、集中力を維持するということにもつながります。まだたくさんある、何問もまだあるということが、子供が勉強への集中力を維持するのが難しくなります。1問を確実に解いていくことに集中して、理解につなげることが、こちらも短時間で勉強が終わるということにつながります。

ノートに1問でも、カードに1問でもOK。

毎日1問ずつ、解いていくことを続けて、様子をみながら全体の勉強の分量を調整することが非常に大事です。また、カードなどに1問ずつ書いて、答えをめくっていくなど、遊びの要素を含むことも、勉強が楽しいという意識につながり、苦手意識や集中力の向上にもつながります。

たくさん勉強させたい親の気持ちをおさえて。

どうしても、教える親側としては、たくさんの問題に取り組んでほしい、勉強に苦手意識を持たないでほしい、また短時間で済ませたいなど、いろんな気持ちがあり、子供の勉強にさまざまなことを要求しがちです。

子供の勉強、1問ずつ丁寧に、急がば回れ。

ここは、最終目標である、子どもが勉強に楽しく集中して取り組み、また理解できるようになるということを大事にして、1問ずつ、ゆっくりと子供のペースにあわせて勉強をするということに注力してみてください。急がば回れですよね。きっと子供のペースに合わせることで、親も焦ることなく、勉強の結果がついてくるということになると思います。

-できる勉強法

関連記事

惜しい漢字間違い、覚えやすく大きく書く。発達障害児に効果あり。

不注意が多いADHD発達障害児。惜しい漢字間違いで、テストでミス。漢字を大きく書いたら、正確に覚えられた。漢字のテストの成績もアップ、子供が勉強に意欲的に。

声に出す、書き出す。自分に合うアウトプットで知識を完全にする勉強方法。発達障害児に効果あり。

自分の考えがまとまらないとき、声に出して独り言のように言ってみることで整理できたという経験はありませんか?

漢字の勉強は、大きな用紙に大きく書く。正しく漢字を覚えられる勉強方法。発達障害児に効果あり。

小学生の勉強の中で、漢字を覚えることは、一つの難関な部分です。最初に漢字を覚えるときには、小さな国語ノートのマス目ではなく、A4用紙全体に大きく書くことが大事です。

勉強につまづいたら、前の学年を復習、できることをやる。発達障害児に効果あり。

できない時は、前の学年の内容を復習、できることをやる勉強方法。勉強が苦手な子、これまで習った内容を覚えていない。つまづきの対策に、前の学年の勉強をやらせる。今の学習が子どもの理解度に合っていないと感じたら、無理して先を急ぐことはやめてみませんか?

発達障害児の勉強方法は、予習、授業、復習の繰り返しが基本。

予習と復習は、障害児の勉強のポイントです。発達障害児や知的障害児は、学校の授業だけでは、勉強の内容を理解できません。そのため、家庭でしっかり予習と復習をすることで、授業の内容を理解し身につけることができます。