できる勉強法

できる勉強をコツコツと。「出来た!」を実感させる勉強方法。発達障害児に効果あり。

国語の文章が苦手な小学校5年生、無理やり出来ないことより、できる勉強を毎日取り組む。

国語の長文問題が苦手な小学校5年生の息子。文章を見ただけで嫌になるようで、問題文を読むことさえせず、適当に見当して答える感じでした。ですので、毎回テストはひどい点数ばかりでした。この点数に危機感を感じた私は「どうにかしてちゃんと問題と向き合うようにしなくては!」と思い、問題に慣れれば出来るようになるかな、と考えました。

長文の問題、見るだけで勉強意欲がなくなる息子。

そこで息子の学年の5年生向けの、長文問題が多い国語の問題集を購入しました。しかし、息子は素直に問題集をやる事はなく、見ただけで出来ないと感じ、勉強に取り組むやる気が全くありませんでした。結局少しやっただけで、その問題集はお蔵入りとなってしまいました。

「出来た!」を実感させる勉強方法。

私はついつい、その学年の問題のレベルと量にこだわっていましたが、それだと息子は勉強を嫌がってやってくれませんでした。そこで息子の学力より少し簡単なレベルの問題から取り組ませたらどうかな、と考えました。
「出来た!」を実感させて、勉強のモチベーションを上げようと思いました。

1学年下の問題をやらせてみる。

問題のレベルを下げるために、1学年下の4年生向けの国語の問題集を購入して、勉強させてみました。
いきなり長文問題をやるのではなく、まずは短文の問題から始めました。短文なので最後まで文を読めるし、問題も簡単なので、うちの息子でもスラスラ解けていました。息子も見た感じが簡単そうだと思ったようで、やり始めの抵抗感もありませんでした。

出来たら、勉強への自信がでてきた。

「これなら自分にも出来る」と思うと、素直に問題に取り組んで勉強している様子でした。実際、問題を次々と正解できていたので、本人も勉強の「出来た!」を実感しやすく、国語の文章問題の自信へとなっていきました。

無理やり出来ないことより、できる勉強をコツコツと。

短文から始めた文章問題をコツコツとやっていくうちに、いつの間にか長文問題にもあまり抵抗を示さず、勉強に取り組めるようになっていました。ここまでにくるのに、かなりの日数がかかりましたが、あのまま、息子に無理やり長文だけをひたすらやらせても、いつまで経っても出来ないままだったと思います。
母親としては、簡単な問題をやらせて意味があるのだろうかと不安でしたが、少しレベルを下げた問題から取り組ませて良かったです。

まずは、負担が少ない勉強量を、毎日取り組む。

勉強する問題の量も「5年生なら、この位はやらなくちゃ」と、私が勝手に決めてやらせていましたが、子供にとっては負担が大きかったようでした。
負担が大きいと子供は勉強を嫌がり、取り組まなくなっていくことを知りました。やらなくなってしまうよりは、勉強量を少なくしてでも、毎日取り組む方が良いなと思い、息子の負担にならない量に減らしました。

やらないよりは、ちょっとでも積み重ねて勉強する。

少ない量でも毎日積み重ねて勉強していくと、1日1問やったとしても、1年間で見ると、360問位は頭に入った計算になるので、「それでよし」としました。
勉強を全くやらないよりは、ちょっとずつの方が遥かに学力が定着していきました。

-できる勉強法

関連記事

漢字の勉強は、大きな用紙に大きく書く。正しく漢字を覚えられる勉強方法。発達障害児に効果あり。

小学生の勉強の中で、漢字を覚えることは、一つの難関な部分です。最初に漢字を覚えるときには、小さな国語ノートのマス目ではなく、A4用紙全体に大きく書くことが大事です。

自分で決める勉強スケジュール、やることを見える化する勉強方法。発達障害児に効果あり。

勉強予定をホワイトボードに書く、子供自身が決めたスケジュールでやる勉強方法。ホワイトボードに勉強の予定を、子供自身がスケジュールを決めて書いてみた。自分でスケジュールを決めると、勉強に対して責任感と意欲がアップする。

惜しい漢字間違い、覚えやすく大きく書く。発達障害児に効果あり。

不注意が多いADHD発達障害児。惜しい漢字間違いで、テストでミス。漢字を大きく書いたら、正確に覚えられた。漢字のテストの成績もアップ、子供が勉強に意欲的に。

15分勉強、5分休憩、また勉強。集中力が切れたら一旦休憩を。発達障害児に効果あり。

休憩で集中力を回復する勉強方法。勉強時間は15分で一旦休憩。集中力が切れると、勉強が頭に入らない。子供のペースにあった勉強時間の習慣を見つけよう。

発達障害児のテスト勉強、失敗パターンとテスト対策。

勉強が苦手な障害を持つ子が、前向きになれるように、母親がしっかり頑張りを評価する。そして、テストの対策を家庭で練習することで、0点が10点、10点が20点と、ちょっとずつ成長できるように頑張りましょう。