できる勉強法

子供の勉強は、小さな成功体験の積み重ねが大切。発達障害児に効果あり。

少しずつステップアップする勉強方法で、子供の自信をつける。

子どもの学習スピードには、個人差が大きく存在します。学校で一斉に授業を受けている段階で、いまひとつ理解しきれていない子どもは、苦手意識を強く持ってしまいがちです。初めから完璧に正解を求めることをしないで、少しずつステップアップする方法で、子どもに自信を取り戻してあげたいですよね。
問題を間違えてしまったとき、「やっぱりできない・・・苦手なんだ、きっとまた出来ない」、そんな気持ちになってしまうことがあるかもしれません。そんな子供に対しては、正解する回数を増やしてあげる方法を考えていきましょう。○の数が増えた分だけ、自分のやる気が認められたような、充実感を味わうことになるでしょう。

失敗した経験が、大好きな算数を嫌いにさせた。

ミカちゃんは算数が大好きで、家庭学習では進んで計算問題に取り組みます。しかし、算数の中でも足し算や引き算は進んで取り組むのですが、どうしても掛け算九九には積極的に取り組もうとはしないのです。お母さんがたずねてみると、「学校の算数の授業で、九九の3の段を発表するときに、2つ間違えたら、みんなが笑ったからもうやりたくないの」、こう答えたのです。
子どもにとって、たくさんの人の前で失敗してしまった経験は、ひどく自信を失ってしまう経験になりかねません。そして、恥ずかしい気持ちが、苦手意識ややる気の低下を招いてしまうこともあるでしょう。

得意なもので達成感を得た後で、苦手と思われる項目に挑戦する方法

ミカちゃんのお母さんはまず、「間違えることは誰にでもあること。正しい九九を覚える良いきっかけでもある」、ということを、話して伝えたのです。そして、初めから九九のすべてを覚えることが苦痛に感じるのであれば、毎日少しずつ、計算カードでレッスンする方法を提案してみました。「今日は得意な2の段をトライしてみよう。それがクリアできたら、次は3の段に挑戦してみようね」、このようにして、得意なもので達成感を得た後で、苦手と思われる項目に挑戦する方法を実践したのです。
掛け算九九のカードは、苦手意識の強い段は、ミカちゃんの好きなピンク色のカードで記入してみたり、やる気につながるちょっとした工夫もしてみたのです。
プリントに記入して問題を解く際には、正解した問題には大きな○を付け、間違えた問題にはあえてバツはつけないようにしたのです。間違えたという意識を強く持たせることは、マイナスに働いてしまうと考えたためです。間違えた問題をやり直して正解した時は、大好きなピンクで丸を付け、頑張ってクリアした証を示すことにしたのです。

小さな成功体験の積み重ねは、子どもの心の成長につながる。

気付けばミカちゃんは、一か月ほどで掛け算九九を完璧にマスターすることができていました。もう九九に自信がついたミカちゃんは、割り算の問題に取り組むことを今から楽しみにしています。
このように、小さな成功体験の積み重ねは、勉強の習得とともに子どもの心の成長にもつながります。勉強が嫌いなわけではない子どもが、なかなか自発的に学習に取り組まない場合には必ず理由があるはずです。やりたいけど引っかかる何かが、そこにはあるのでしょう。得意だと思う自信さえ持つことができれば、間違えることを恐れずに挑戦することができるようになるはずなのです。
子どもの一歩を小さな一歩に設定しなおし、少しずつの成功の積み重ねを経験させてみるのはいかがでしょうか。

-できる勉強法

関連記事

だらだらはダメ、問題を一問ずつカードにして解かせる勉強方法。

算数の勉強が苦手な小学校5年生の末っ子、やる気なく、だらだら勉強。問題を一問ずつカードにして解かせる勉強方法。

勉強はストップウォッチでタイム計測、やる気アップの勉強方法。発達障害児に効果あり。

タイム計測は、勉強への集中力を高める効果。集中できないADHDの子に効果大。ただ何となくの勉強ではダメ。勉強は、目標を立ててやると、集中できる。

勉強はONとOFF、休憩で集中力を回復。小2の娘に効果が出た。

勉強しながら考え事をしている発達障害の小学校2年生の娘、集中力を維持する勉強方法。5分間の休憩時間に、親子でお喋りして、また勉強。

算数の計算、うっかりケアレスミスが多い子の勉強方法

つい、うっかり間違えてしまう。 メニュー ケアレスミスをなくす勉強方法 算数の計算は、確実にできるまで、訓練する。 算数の計算は、やり方が理解できても、実際の計算を確実にできないと、意味がありません。 …

国語の「作文」が苦手な子でも必ず書ける、3つの勉強方法

作文が必ず書けるようになる、3つの勉強方法です。 メニュー 障害を持つ子は作文が苦手。 作文が苦手です。 障害を持つ子は、作文が苦手な場合が多いです。 自分で考えた内容から、文章を構成しながら、文字と …