できる勉強法

丸つけを母親が丁寧に、子供の勉強を褒めると集中力もアップ。発達障害児に効果あり。

小学生の勉強は、親がしっかり褒めてあげる。褒め方にも工夫を。

小学生といえども、まだまだ小さい子供です。遊びたい気持ちも大きく、ついつい家庭学習もはやく終わりにしたいと気持ちもまだあると思います。勉強をするたびに、「すごかったね」「ぜんぶできたね」と両親が褒めてあげていても、最初のうちは良かったものの、なかなか本人も実感があまり感じられず、すぐに褒められたことも忘れてしまうということもあると思います。

丸つけを母親が丁寧に、子供の勉強を褒めてあげる。

勉強が出来たとき、言葉で褒めることも、もちろん重要ではありますが、やはり目に見える形で褒めるということが、とても大事になります。勉強で正解した場合には、まず母親が丁寧に丸をつけてあげることが大事です。特によくできた場合など、花丸などもいいと思います。花丸は子供にとって特別うれしいもので、褒められている実感を得やすいです。学校から帰ってきた子供が、学校のテストで花丸だったよ、と見せてくれることがあるのではないでしょうか。このように、家庭でも母親が目に見える形で、子供の勉強を褒めてあげることが、とても重要になります。

シールを活用して、勉強を褒める。

ごほうびシールの活用も、非常に効果的な方法です。特に低学年ではシールがもらえたということが、喜びにつながることも多いので、勉強のやる気につながります。またシールをあげるということに、「何枚できたら」などと、複雑にしてわかりにくくしないことも、非常に重要です。せっかく目に見えるようにしているので、子供にわかりやすい方法でシールをあげましょう。

子供が好きなキャラのシールで、勉強のやる気につなげる。

勉強に集中できてない場合も、このようなごほうびシールを活用することで、集中して行うことができます。このごほうびシールですが、子供の好きなキャラクターなどにすると、どんどん集めたいという気持ちも高まり、よりいっそう勉強に取り組みやすくなります。ポケモンや、電車など、その子供の好きなシールを何枚か用意して、休憩時間に次はどのシールにするかを親子で話したりすることも、勉強へのやる気につながりますね。

褒めてやる気を高めると、勉強の集中力もアップ。

また、このやる気を高めることで、勉強への集中力を高めることが出来ます。集中力が高まり、国語であれば文字を丁寧に書くことができ、算数であれば計算をよりはやく、正確にとくことが出来ようになります。また子供自身も集中して勉強をおこなっていくうちに、こういう風に勉強をすれば、簡単にできるし、早く勉強が出来るということにも、気づくことができると思います。

親が子供の勉強にしっかり向き合うこと。

なかなか思うように進まない勉強も、親がしっかりと子供と向き合って、一つ一つを丁寧に努力を認めてあげることで、結果的に子供の勉強がスムーズに進むようになり、子供の勉強への意識も高めることが出来ます。

-できる勉強法

関連記事

勉強の間違いは「おしい」、全然惜しくなくても「惜しい」発達障害児に効果あり。

発達障害児には、間違いの指摘は慎重に。ドリルの丸付けではバツ×じゃなく、ふせんで目印をつける。勉強の間違いを嫌がる子、プライドを尊重してあげよう。

国語の「作文」が苦手な子でも必ず書ける、3つの勉強方法

作文が必ず書けるようになる、3つの勉強方法です。 メニュー 障害を持つ子は作文が苦手。 作文が苦手です。 障害を持つ子は、作文が苦手な場合が多いです。 自分で考えた内容から、文章を構成しながら、文字と …

勉強の休憩、体操や音楽で集中力を回復。ADHD発達障害児に効果あり。

小学校4年生、勉強に集中できなくなった息子。脳が疲れたら休憩、勉強の進みが良くなります。勉強の休憩のポイント、体操をする。音楽を聴く。歌を歌う。

小さな壁を乗り越える成功体験、達成感と自信をつける勉強方法。発達障害児に効果あり。

大きな壁を乗り越えるために、小さな壁を何度も乗り越える成功体験を積み重ねる勉強方法。いきなり高い壁ではなく、まずは小さな壁を乗り越えること。小さな壁を乗り越える、成功体験を積み重ねること。

勉強で癇癪を起こすのはやる気の証拠、ゆっくり再挑戦する勉強方法。発達障害児に効果あり。

やる気があるから、子供は勉強で癇癪を起こす。そんな時はゆっくり再挑戦する勉強方法。できなかった問題を、親と一緒にゆっくり再挑戦してみる。休憩をしながら、ゆっくり集中して勉強する。ペースダウンして再チャレンジ。