できる勉強法

漢字の勉強は、大きな用紙に大きく書く。正しく漢字を覚えられる勉強方法。発達障害児に効果あり。

正しく漢字を覚えるポイント、小学生の勉強では大切です。

小学生の勉強の中で、漢字を覚えることは、一つの難関な部分です。簡単な文字は比較的覚えやすいものの、線の本数がわからなくなったり、漢字の偏の部分がよくわからなかったりします。漢字を覚えるポイントを押さえて学習していくことが、漢字を覚える近道になりますので、焦らず対応していくことが非常に大事です。

漢字は、目で映像の情報と、耳で言葉の情報。

まず、漢字を覚える時の状況ですが、小学生の場合は、目で映像として確認した上で、耳で言葉の情報を覚えようとします。例えば「星」という漢字を覚える時は、まずは映像として認識したうえで、「星」という漢字の部分を分解して覚えます。そのため「横の線が2本ある」というように、言葉の情報としても認識します。そのため、小さい用紙などに漢字を書いてしまうと、複雑になればなるほど、理解が難しくなってきます。

漢字は大きく書いて覚えよう。

ちょっとした漢字の間違いや、誤認を防ぐためにできることは、小さい文字で書かず、大きな文字で認識することが一番の近道です。最初に漢字を覚えるときには、小さな国語ノートのマス目ではなく、A4用紙全体に大きく書くことが大事です。なんとなくの情報認識と言葉の補足だけでは、漢字の数が増えれば増えるほど、また複雑になるほど覚えることが難しくなっていきます。

漢字の筆順も、大きく書けば覚えやすい。

また筆順についても、同様の考えを応用することで、覚えやすくすることが可能です。筆順を画数分に分解して大きな紙に書くことで、筆順への意識を高め、その筆順に沿って漢字を練習することで、画数が多い文字でもミスがなくなり、またきれいな文字を書くことができるようになります。

小さな国語ノートでは、漢字を覚えにくい。

小学校で使っている国語ノートは、学年が上がるにつれて、どんどん小さなものになっていきます。少々手間がかかるものの、コピー用紙に1文字の漢字を大きく書くことによって、簡単なものから複雑なものまで、しっかりと記憶して、覚えていくことが可能になります。今後、どんどん漢字も増えていくので、しっかりと漢字のつくりを覚えていくことができないと、どんどんつまずいていく元となってしまいます。

正しく漢字を覚えられる勉強方法。

小学生の勉強は書くだけなく、音読などもすることが多いと思いますので、しっかり映像として漢字を認識をして、大きく書いていくことで、子供自身の大きな自信につながっていくことと思います。小学校のうちに、しっかりとこのような学習方法で取り組むことにより、今後の勉強につながっていくことになりますので、ぜひとも手間をかけて学習していってください。子供自身も、あの時しっかりと覚えておいてよかったと思うときが来るはずです。

-できる勉強法

関連記事

自分で決める勉強スケジュール、やることを見える化する勉強方法。発達障害児に効果あり。

勉強予定をホワイトボードに書く、子供自身が決めたスケジュールでやる勉強方法。ホワイトボードに勉強の予定を、子供自身がスケジュールを決めて書いてみた。自分でスケジュールを決めると、勉強に対して責任感と意欲がアップする。

勉強を嫌がる小学校5年生、ストップウォッチで時間を計って問題を解く勉強方法。

学校は好きだけど、勉強を嫌がる発達障害の次女。ストップウォッチで時間を計って問題を解く。次はもっと早く。勉強を頑張るように。勉強も、普段の生活も、有効に時間が使えて一石二鳥。

勉強につまづいたら、前の学年を復習、できることをやる。発達障害児に効果あり。

できない時は、前の学年の内容を復習、できることをやる勉強方法。勉強が苦手な子、これまで習った内容を覚えていない。つまづきの対策に、前の学年の勉強をやらせる。今の学習が子どもの理解度に合っていないと感じたら、無理して先を急ぐことはやめてみませんか?

15分勉強、5分休憩、また勉強。集中力が切れたら一旦休憩を。発達障害児に効果あり。

休憩で集中力を回復する勉強方法。勉強時間は15分で一旦休憩。集中力が切れると、勉強が頭に入らない。子供のペースにあった勉強時間の習慣を見つけよう。

国語の「作文」が苦手な子でも必ず書ける、3つの勉強方法

作文が必ず書けるようになる、3つの勉強方法です。 メニュー 障害を持つ子は作文が苦手。 作文が苦手です。 障害を持つ子は、作文が苦手な場合が多いです。 自分で考えた内容から、文章を構成しながら、文字と …