できる勉強法

耳で聞く聴覚情報が得意な発達障害児の勉強方法

発達障害児の勉強方法、目で見る視覚情報より、耳で聞く聴覚情報が得意な子供。

小学生の子供を持つ母親ですが、兄弟で比較してはいけないと思いつつ、勉強の際、上の子はすぐに覚えたのに、下の子はなかなか覚えないと気づいて、不安に感じるようになりました。
特に勉強の差を感じたのは「九九」の暗記です。お兄ちゃんはすぐに覚えられたので、下の弟は同じように教えるのですが、すぐに飽きてしまう上に、一度教えたことを復習すると、まったく覚えていません。普段の会話の内容や、口頭で指示したことはよく覚えているので、記憶力に問題があると思えません。

見ることは苦手でも、聞くことは得意な子がいる。

いろいろと勉強方法を調べてみたところ、子供の中には「目で見る視覚情報より、耳で聞く聴覚情報が得意な子供がいる」のだという情報を得ました。確かに、下の弟をみていると、「見る」という行為よりは、「聞く」という行為に特化して興味を示している傾向がみられます。
テレビをじっと見ていたり、本をおとなしく読んでいたりすることは少なく、逆にお話を読んであげたり、会話をしてあげたりすると、喜ぶ傾向があります。そのような子供たちの中には、いろいろな勉強で、友達のペースについていけない場合があり、言葉による支援を中心にして、勉強する必要があるとのことでした。

大人が子供へ言って聞かせる勉強方法。

具体的な勉強方法には、例えば「九九」の場合、「ににんが・・・・」「にさんが・・・」などと親が口頭で質問し、正しかったら、1問ごとにきちんと褒めてあげるという方法です。
子供が自分で教科書を読んで覚えるのではなく、大人が口頭で指導する必要があり、少し手間はかかります。はじめのうちは「本当にこれでいいのか」と疑心暗鬼な思いでした。しかし、その勉強方法を繰り返すうちに、そんな手間が苦にならないほど、はっきりとした効果が現れ始めました。

聞くのが得意な発達障害児、今までと集中力が全然違う。

特に以前と違ったのは、本人の勉強に対する集中力です。あきずに、何度でも挑戦しますし、以前は無理だった長い時間の勉強でも嫌がりません。最終的には、「九九」の内容を全部覚えて、質問に対しても、間違いなく自信を持って答えられるようになりました。学校のテストでも100点をとることができ、親はもちろん、本人も得意満面です。

子供の得意な勉強方法を見つけて、指導してあげることが大切。

今回の出来事を通じて、強く感じたのは、大人でも得意不得意があるもので、大人ならそれを自分で選択できますが、子供にはできないということ。それを親が気づいてあげて、子供の得意な勉強方法を見つけて、指導してあげることが大切なのだと感じました。今回、もし子供にあった勉強方法に気づいてあげられなければ、不得意な勉強方法で、時間と労力をかけて、無駄な作業を行い続けていたでしょうし、親はイライラする上、本人も自信を無くしてしまうし、好ましいことは何一つなかったと思います。

親の責任の重さ、子供に正しい勉強法を選択すること。

自分にあった勉強方がわからないまま大人になってしまえば、子供自身が「自分は勉強ができないダメな人間だ」と位置付けてしまう事になったかもしれません。正しい勉強法を選択することって大事ですね。親として子供に最適な環境を与えるべき役割を再認識し、改めてその責任の重さを実感した出来事でした。

-できる勉強法

関連記事

勉強の休憩、体操や音楽で集中力を回復。ADHD発達障害児に効果あり。

小学校4年生、勉強に集中できなくなった息子。脳が疲れたら休憩、勉強の進みが良くなります。勉強の休憩のポイント、体操をする。音楽を聴く。歌を歌う。

できたらシールで褒める。子供の頑張りを形にする。発達障害児に効果あり。

ほめる気持ちを見える形に、頑張った証をシールで評価する勉強方法。子供の頑張りを、目に見える形にすること。増えるシールが、子供に達成感を感じさせる。もちろん言葉で褒めること、シールで褒めること、どっちも大切です。

ちょっとした勉強の工夫、親のアドバイスで勉強のつまずきを解消。発達障害児に効果あり。

もともと字を雑に書く小学校6年生の息子。計算問題の筆算となると、速く問題を解こうとするので、より一層雑に書いていました。

家庭での勉強にも「時間割」、子供の勉強効率が変わる。発達障害児に効果あり。

だらだら勉強はもうヤメ。勉強時間を効率的に。勉強する教科や、休憩時間を考えて、時間割を決めていく。終わった項目は、横線を引いて消していく。

勉強ができない発達障害児、勉強方法を変えるとできた。

できないように見える、その子の個性を理解する。発達障害児の勉強方法。全く訳のわからないことに、興味はでない。見てわかると、文章問題もできるようになった。