できる勉強法

視覚効果を使った勉強で、発達障害児の理解が進む。

シールや絵で楽しく、視覚効果を使った勉強方法。

うちの子は、私が次々と言葉で指示したことが、なかなか通じていないという場面が時折見受けられました。
指示が多くなればなるほど、その様子は顕著でした。理解できていないので、本人も混乱しイライラしている様子がありました。
やはり、そのような状況は家庭だけでなく、学校でも見受けられるようで、先生からも勉強を教えてあげようとしても、勉強の理解が進みにくい点があることを、指摘されてしまいました。
親としては、どう対処してあげればよいものかと頭を悩まされる日々でした。

素直に間違いを認めない性格。

うちの子の場合は、先生が、間違っているよと、言葉で指摘してくださったことに対して、素直に認めたがらないという傾向があるらしく、それを改善するために、言葉ではなく、視覚的に伝える方法を取り入れてみてはどうかと、実践してくださいました。

視覚的に確認、シールや絵を使う。

具体的に視覚的に伝える方法がどういうものかというと、シールや絵を使うという方法でした。シールなどを使うことにより、言葉ではなく、シンプルに伝わりやすくなりました。また、見ることにより自分の間違いに気が付きやすくなるメリットもあり、少しずつですが変わってきました。

算数の問題を、視覚的効果で。

例えば、算数では計算問題の答えを確認する場合などにも、シールやタイルを使うと、間違えていた場合にも数が合っていないことが一目瞭然です。
余計な説明はいりませんので、素直に指導を受け入れられるようになっていきました。そうすると、自分自身で間違えたところにも気が付いて、直せるようになってきました。
また、苦手な文章問題に関しては、数のところに、その数を示す絵を書いてもらうことで、文章だけでは理解できなかったものが、見るだけでわかりやすくなりました。
ちょっとした一工夫で、文章問題も解けるようになりました。
答えをすぐに導き出せるようになってくると、楽しくなってきて、嫌がらずに問題に取り組む姿勢を見せ始めました。

勉強がわかると、勉強が楽しくなる。

視覚的にわかりやすくする工夫をちょっとしただけで、こんなにも変わるんだなと、感心しました。
指示がよくわかると、勉強がよくわかる、勉強がわかると楽しい、というプラスの相乗効果で、自信をつけはじめたようです。
学校での取り組みを家庭でも取り入れ、連携できたことも良かったと思います。
視覚的に伝えると、言葉で聞くとなんだか難しいように思えますが、実践したのはとてもシンプルなことです。

ちょっとした工夫で、発達障害児でも理解が進む。

学校のような大げさな視覚教材がなくても大丈夫です。家庭でも十分に補えました。
例えば、シールの代わりに、ノートに絵や図を書き足してあげるだけでも十分な場合も多いです。
今までなら言葉で必死に説明してもわかってもらえなかったのに、絵を書いてあげることで理解が進み、随分とストレスも軽減しました。
言葉では理解しづらくて一番困っているのはやはり子ども自身なのです。このままわからないが増えてしまっていたら、余計に苦手意識を募らせてしまっていたと思います。視覚に伝える方法を実践するだけでも、みるみる変わってきたのを実感しています。今後も継続していきたいと思います。

-できる勉強法

関連記事

漢字が苦手な5年生の娘、惜しい間違いを、はっきり認識させる勉強方法。

小学校5年生、漢字の書き順も覚えやすい、大きい用紙に、大きく書く勉強方法。書き順もわかりやすい、この勉強方法で地道に頑張ります。

家庭での勉強にも「時間割」、子供の勉強効率が変わる。発達障害児に効果あり。

だらだら勉強はもうヤメ。勉強時間を効率的に。勉強する教科や、休憩時間を考えて、時間割を決めていく。終わった項目は、横線を引いて消していく。

1度にたくさんはダメ、カード学習で勉強する量と時間を決める。発達障害児に効果あり。

多すぎるとやる気がなくなる。子供をやる気にさせる、カードを使った勉強法。繰り返しに向いているカード学習、工夫していろんなミッションを。

間違った時のやり直しが大切、できない問題を復習する勉強方法。発達障害児に効果あり。

間違いはチャンス、できなかった問題をやり直す勉強方法。親がやることは、子供がやり直しを楽しくなるような言葉かけ。間違いをやり直す、できる経験を積み重ねる。間違いを責める言葉は、子供の自信をなくします。

勉強の間違いは「おしい」、全然惜しくなくても「惜しい」発達障害児に効果あり。

発達障害児には、間違いの指摘は慎重に。ドリルの丸付けではバツ×じゃなく、ふせんで目印をつける。勉強の間違いを嫌がる子、プライドを尊重してあげよう。