できる勉強法

勉強の褒め方、小学生には数字で結果をわかりやすく。発達障害児に効果あり。

小学生の勉強の褒め方、抽象的な言葉より、ゲーム感覚のタイム計測が効果的。

子供が勉強をする時に、早くできたり、きちんとできたりすると、親としては「ほめてあげるとよい」と考えがちですよね。でも、子供の中には、「よくできたね」「すごいね」という、言葉を理解するのが苦手という子供もいるのだそうです。

抽象的な褒め言葉、子供には伝わりにくい。

「よく」や「すごい」という言葉には、「いつもと比べて」「他の子と比べて」「できないと思っていたのにできた」などという、言外の意味が含まれているのですが、それを理解したり、推測したりすることが難しいのだそうです。
うちの息子は、まさにこのタイプなのではと思われます。勉強自体はそれなりに頑張るのですが、ほめてあげても、ピンとこない様子で、次につながらないことが多いからです。

勉強の褒め方、小学生には数字で結果をわかりやすく。

そこで褒めるには、具体的に数値で結果を示した方が、意欲が高まるのではと思いつき、まずは、ママ友に勧められた「勉強課題が出来たら、好きなキャラクターのシールを貼ってあげる」という方法を試してみました。最初は、うちの息子も少し興味を示したようですが、思ったほど効果が上がらない様子。そこで、原点に立ち返って、息子がどんなことに興味を持ちやすいかもう一度考えてみました。

時間で評価、結果が見えて、子供にわかりやすい。

どちらかと言えば、コツコツと慎重に取り組むというよりは、思いつくまま勢いで行動するようなところが、うちの息子にはあります。勉強など、なにかを成し遂げた際にも「今、何分かかった?」などと尋ねることが多く、もしかしたら、時間をはかって評価したら、わかりやすいのではと思いつきました。
そこで、「問題を何分で解けるか」を事前に決め、後で実際にかかった時間を確認させるため、ストップウォッチでタイムを計りながら、プリントに取り組ませました。
設定時間については、本人の申告にまかせるのではなく、こちら側から必要なアドバイスをして、決定するようにしました。

勉強のタイム計測、ゲーム感覚で勉強ができて楽しい。

プリントの答えを書き終わってから、ストップウォッチの時間を確認し、「できた!」「残念!」などと、一緒に評価しながら、親子で楽しく勉強を行います。ただし、答え合わせで、間違いがあれば、時間が間に合っても減点するという方式をとりました。息子自身、ちょっとしたゲーム感覚で、勉強ができて楽しいようですし、以前よりずっと集中して勉強に取り組むことができるようになり、成績もアップしてきました。

子供の勉強、褒め方は子供の性格に合わせて。

子供の性格や、それに伴う苦手なこと、得意なことは、まさに千差万別。試してみても、思ったほど効果が上がらなかったりすると、「うちの子はだめなのかも」などと不安になることもあります。
でも、あきらめないで、根気強く接することが、子供の勉強では重要なのだと思います。

家での勉強は、遊びの要素を取り入れてOK。

学校では、勉強中に楽しくなって遊んでしまうと、他の子たちにも迷惑がかかりますので困りますが、家庭では遊びの要素を取り入れても、ぜんぜんかまわないですよね。
子供が楽しく学べるように、大人自身も情報を集めたり、工夫したりして、家庭ならではの勉強法を見つけてあげるといいのではないかと思います。

-できる勉強法

関連記事

小学生の勉強、できるイメージトレーニングで成績が伸びる。

勉強に消極的な小学校4年生の息子、できるイメージで勉強に自信が。イメージトレーニングで、息子の勉強が伸びた。子供に勉強を楽しくさせる、親の工夫が必要。

LD学習障害、算数ができない子。視覚的に教えると、なんとか解ける。

うちの子もLD学習障害です。勉強が生まれつき不得意な子がいます。学校から帰ったら、親子で絵を描いて算数の勉強。視覚的に教えることで、算数の勉強に未来が見えた。

子供の勉強は、小さな成功体験の積み重ねが大切。発達障害児に効果あり。

少しずつステップアップする勉強方法で、子供の自信をつける。失敗した経験が、大好きな算数を嫌いにさせた。得意なもので達成感を得た後で、苦手と思われる項目に挑戦する。小さな成功体験の積み重ねは、子どもの心の成長につながる。

得意な勉強方法で、苦手科目を克服。好きなことを好きなだけ。発達障害児に効果あり。

得意な勉強方法で、苦手科目を克服できた。苦手科目と得意科目、苦手科目の勉強は後回しになってしまう。勉強方法に問題があるだけかもしれません。

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫をして勉強してみましょう。