できる勉強法

わからないとこが、わからない。つまずきを確認できれば、勉強は理解できる。発達障害児に効果あり。

子供の勉強のつまづきを、親がしっかり確認してアドバイスする勉強方法

勉強でミスが多く、なかなか身についている感じがないわが子は、私から見ると、なぜこんな簡単な計算問題でと思うくらい、いつも間違えていました。
本人も間違えが増えると、勉強も面白くないのでしょう。途中で投げ出してしまうことも時折見られました。
私には仕事もあるので、日頃なかなかゆっくりと向き合って、勉強を見てやることも出来ず、本人任せになっていました。わが子が勉強で困っている箇所にも気づいてやれずにいたことを反省し、出来る限り、仕事と家事の合間に、毎日時間をとって、勉強の間違えているところをチェックすることを試みました。
けれど、ななかなか解決への兆しが見えてきませんでした。

子供自身、わからないところが、わからない状態。

子供の勉強を見てやるようになって、1つ、分かった事は、本人自身も自分がつまずいている箇所に、気が付いていないという事実でした。
自分でもどこがわからないのか、明白でなかったので、より混乱していたのでしょう。
ですので、わが子のつまずきを見つけて、整理していくことが先決と思いました。

親がしっかり勉強を見て、子供のつまずきを確認。

しばらくしてきて、見えてきた点がいくつかありました。その一つが計算の時に出てくる筆算です。
筆算は繰り上がりや、繰り下がりが出てきたり、学年が上がれば小数点が出てきたりと変化しています。足したりかけたりと、法則が変わればやり方も当然変わります。それが混乱していました。

筆算、小数点でのつまずき。

そして、筆算の単位の揃え方で、まずつまずいているのがわかりました。例えば、小数点がついているだけで、筆算に書き記すときに、12.5+3.8という問題があったとすれば、わが子は点の場所を無視して足し算で筆算する式のように書き表していました。なので答えは当然間違うのです。つまずきを見つけてやってそれを理解することさえできれば、随分対処法も変わって楽になってきました。

わり算の余りのつまずき。

割り算の時にも、余りのない割り算であれば答えを推測できるのですが、あまりのある問題になった途端に、商がわからなくなりわからなくなっているようでした。
他にも些細なところでたくさんのつまずきが見えてきました。

わからなとこさえ、わかれば、そこを頑張ればクリアできる。

つまずきを知ることで手立てが見えてきて、そのつまずきをクリアするために、じっくりと取り組むという、次の目標が出てきました。
位を間違えやすい筆算の問題の時には、「位に注意して解こうね。」と、前もって言葉をかけてやることにより、本人も気づくことが出来て、クリアできるようになってきました。
余りのある割り算では、一度答えに見当をつけてみて、まだ余りが割る数より大きいようだったら、もう一度やり直してごらんという風にアドバイスをしました。

子供の勉強、ほったらかしじゃなく、たまには親も見てやることが大切。

そして何より、そのつまずきをクリアできた時には、気を付けてやれば正解できたね!と本人の自信につながる言葉をかけて、次への意欲へと繋げるように配慮しました。
日頃忙しいからといって、学校に任せきりで、先生が見てくれるだろうと、安易に思っていた自分を省みたことと、子どものつまずきを親も知ろうとする気持ちも大切だったことを感じています。
子供の勉強のつまずきが見つけられたら、そこに向かって取り組むだけなので、随分と楽になります。毎日ではなくても、やはり学校任せにせず、親が子供の勉強を時折見てやることも大切だと思います。

-できる勉強法

関連記事

国語の「作文」が苦手な子でも必ず書ける、3つの勉強方法

作文が必ず書けるようになる、3つの勉強方法です。 メニュー 障害を持つ子は作文が苦手。 作文が苦手です。 障害を持つ子は、作文が苦手な場合が多いです。 自分で考えた内容から、文章を構成しながら、文字と …

小学生の勉強、できるイメージトレーニングで成績が伸びる。

勉強に消極的な小学校4年生の息子、できるイメージで勉強に自信が。イメージトレーニングで、息子の勉強が伸びた。子供に勉強を楽しくさせる、親の工夫が必要。

大きさや量、理解できない問題は、実物を目で見てイメージ。発達障害児に効果あり。

広さ、長さ、大きさ、量などは、実物を見せてイメージさせる勉強方法が効果的。計算は得意でも、大きさや量がイメージできない。計量カップやペットボトルで、実物を見てイメージ。わからないことでも、実物を見れば理解できるようになる。

勉強の間違いは「おしい」、全然惜しくなくても「惜しい」発達障害児に効果あり。

発達障害児には、間違いの指摘は慎重に。ドリルの丸付けではバツ×じゃなく、ふせんで目印をつける。勉強の間違いを嫌がる子、プライドを尊重してあげよう。

やる気がでない発達障害児には、小さな目標を積み重ねる勉強方法。

いきなり大きな目標では、やる気をなくす。集中力が弱い発達障害児の勉強方法。目標は1日で達成できるものにする。無理やりの勉強じゃなく、上手な目標で子供のやる気を引き出そう。