できる勉強法

勉強ができたらご褒美、難しい問題でレアご褒美。発達障害児に効果あり。

ご褒美作戦で、子供をやる気にさせる勉強方法

私は、うちの子に対して、日ごろから「できたね」「頑張ったね」と、意欲をかきたて、褒めることを実践してきました。
小さいうちはそれで良かったのですが、段々と学年が上がるにつれて、この褒める作戦が、いまいち子どもに響いていないというか、効果が薄れてきたような感じを受けるようになりました。
何か違う方法で提示していかないとだめだなと感じていた矢先、ふとわが子が自慢げに話してくれたことがきっかけで、いいことを思いつきました。

学校の先生の花丸を目標に、頑張る子供。

「見てみて!漢字ノート、花丸21個たまったよ。○ちゃんは今19個。○君は17個だよ。」
宿題の漢字練習ノートに、先生が花丸を付けてくれているページと、そうでないページがあるのですが、丁寧に書かれてある時は先生が花丸をくださるのです。
そして、20個たまったら、大きなピカピカシールが貼ってもらえるのだと喜んでいました。
20個貯まるように頑張るぞと、目標をもって取り組んでいたのですね。

ご褒美作戦、問題ができたら手作りメダル。

これは家庭でも使えるなと思いました。私の思い付きはごほうび作戦です。
ごほうびと言っても、何かを買い与えるわけではありません。家で集中して勉強して、問題が解けたときに、うちの子のお気に入りのアニメに出てくるメダルを印刷して作った、私の手作りメダルです。
頑張った時には、メダルを一個もらえます。それを最初は数が増えることが一目瞭然になるように、机の前に貼ってあげようと考えたのですが、メダルをコレクションするのが趣味のうちの子は、自分でノートに貼り始めたので見守ることにしました。
これは思いのほか効果があって、進んで勉強に取り組むようになってきました。

難しい問題ができたら、特別なご褒美。

子供が喜ぶ様子を見ていて、更に私はもっと面白いことを思い付き、レアなメダルも作りました。
はじめは10個くらいでレアなメダルをもらえるように、ハードルを低くしようと思っていたのですが、思いのほか簡単にクリアしてしまったので、20個メダルを貯めるとレアなメダルがもらえたり、チャレンジ問題など少し難しい問題を頑張った時にも、レアメダルがもらえるという風に変化をつけてみました。
すると、積極的に難しい問題にも取り組み始めました。そして、やった分だけメダルがたまるので後で振り返っても楽しいようです。
ただ、これはうちの子が、ある程度小学校生活に慣れて学年があがってきたことや、数の概念も出来ていたから効果があったのかもしれません。

親のちょっとした勉強の工夫で、子供はやる気になってくれる。

ちょっとした工夫ひとつで、子どものやる気というのは変わるものですね。
メダルの他にも、シールなどでも同じ効果があると思います。
子どもの興味のあることを一番知っているのは、身近にいる親だと思うので、それを利用しない手はありません。
そして、勉強にも、遊び心や楽しいことを取り入れていくことも大切ですね。
小さな達成感を積み重ねることにより、自信も着実に積み重ねられてくるような気がしています。

-できる勉強法

関連記事

できる問題からステップアップする勉強方法。発達障害児に効果あり。

小学校4年生の娘は、国語の物語の読解などは得意ですが、算数の勉強が苦手で、勉強した翌日には、もう忘れてる状態です。

苦手科目も克服、スケジュール管理で勉強効率アップ。発達障害児に効果あり。

何を勉強する?紙に書いて、視覚的に予定を確認しよう。子供と相談して、勉強のスケジュール管理を始めてみよう。紙やホワイトボードなどに記入することで、視覚的に確認することができるようになります。

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫をして勉強してみましょう。

発達障害児の勉強、干渉しずぎもダメ、無関心もダメ。

記憶力が弱い、要領が悪い、発達障害児の勉強は、親が上手に見守る。干渉しずぎもダメ、無関心もダメ。

間違った時のやり直しが大切、できない問題を復習する勉強方法。発達障害児に効果あり。

間違いはチャンス、できなかった問題をやり直す勉強方法。親がやることは、子供がやり直しを楽しくなるような言葉かけ。間違いをやり直す、できる経験を積み重ねる。間違いを責める言葉は、子供の自信をなくします。