できる勉強法

苦手科目も克服、スケジュール管理で勉強効率アップ。発達障害児に効果あり。

何を勉強する?紙に書いて、視覚的に予定を確認しよう。

家庭学習でのスケジュールの立て方には、少々気を遣うお母さんも多いのではないでしょうか?
子どもは自分の得意教科は、わりと積極的に取り組みます。しかし、親にとってみれば、苦手な不得意科目こそ、より一層家庭学習を頑張ってほしいものです。

嫌いな勉強で、やる気をなくす。

「漢字が苦手だから、今日はお家で、漢字の書き取りをしましょう」、小学校3年生のマサキ君は、お母さんにそう言われて勉強を始めました。しかし、漢字は苦手なのでやりたくありません。できれば得意な掛け算九九を勉強したいと思っていました。やりたいことと、やらなければいけないことに、違いがあるとき、子どもはすべてにやる気をなくしてしまうことがあります。

マサキ君は、掛け算九九をはじめに勉強したかったのに、お母さんが漢字練習を進めたので、結局、勉強自体を放棄してしまったのです。
では、こんな場合、どんな対策が必要になるのでしょうか?

子供と一緒によく話し合って、予定を決めよう。

お母さんがやってほしいことと、子ども本人がやりたいことを、うまく混ぜ合わせてみるのはどうでしょうか。
勉強開始の導入部分は、やはり本人の希望を取り入れてあげましょう。こうしてペースに乗り切れたところで、達成したい課題に移っていきましょう。ここで、急に気が進まない教科を差し出されたら、やる気のスピードはストップしてしまうかもしれません。

子供と話して、何を勉強するかのスケジュールを決める。

そうならないために、勉強を開始する前に「今日の勉強スケジュール」を子どもと話し合って決めておく必要がありそうです。
「僕は掛け算がやりたい」、「それではまず、最初に掛け算のプリントを1枚頑張ってみようか。掛け算が終わったら、この漢字10問にチャレンジしてみようね」という風に、順番の組み合わせ方を、うまくリードしながら設定していくことが重要ではないでしょうか。

この方法で、マサキ君は得意の掛け算九九と、苦手な漢字の、両方に取り組むことができました。
しかし、またさらに課題が生まれたのです。話し合って勉強のスケジュールを組み立てていたのに、日によっては「やっぱりこっちの勉強はしたくない!」と言い出してしまう日が出てきたのです。
そんな時はどうすればいいのでしょうか?

勉強のスケジュールを、紙に書いてみる。

お母さんは勉強開始前に決めたスケジュールを、紙に書いてみることにしたのです。こうすることで、目で見てスケジュールを意識することができるようになります。「一つ終わったから、次はこれにチャレンジしよう」と、目で見て確認することで、終わった項目に達成感を感じることができます。やり遂げた勉強に、二重線で印をつけて消していけば、終わったことに満足することもできます。

子供と相談して、勉強のスケジュール管理を始めてみよう。

勉強に対して意欲があるのですから、やり方をより良い方法に導いてあげることが、需要なのではないでしょうか。
口約束だけでは、忘れてしまいがちなスケジュールを、紙やホワイトボードなどに記入することで、視覚的に確認することができるようになります。
勉強する項目に、順番を付けていくことで、やりたいことと、やりたくないものの、両方に取り組む重要性も、意識できるようになるでしょう。
まずは、子どもと一緒に相談しながら、勉強のスケジュール管理を始めてみませんか?

-できる勉強法

関連記事

発達障害児のテスト勉強、失敗パターンとテスト対策。

勉強が苦手な障害を持つ子が、前向きになれるように、母親がしっかり頑張りを評価する。そして、テストの対策を家庭で練習することで、0点が10点、10点が20点と、ちょっとずつ成長できるように頑張りましょう。

家庭での勉強にも「時間割」、子供の勉強効率が変わる。発達障害児に効果あり。

だらだら勉強はもうヤメ。勉強時間を効率的に。勉強する教科や、休憩時間を考えて、時間割を決めていく。終わった項目は、横線を引いて消していく。

わからないとこが、わからない。つまずきを確認できれば、勉強は理解できる。発達障害児に効果あり。

子供の勉強のつまづきを、親がしっかり確認してアドバイスする勉強方法。子供自身、わからないところが、わからない状態。わからなとこさえ、わかれば、そこを頑張ればクリアできる。ほったらかしじゃなく、たまには親も見てやることが大切。

勉強している内容を、普段の会話で。勉強のやる気がアップ。発達障害児に効果あり。

勉強に対してのモチベーションを上げるには、勉強内容を、普段の会話に取り入れる。親子の会話で、勉強のやる気がアップ。

勉強の間違いは「おしい」、全然惜しくなくても「惜しい」発達障害児に効果あり。

発達障害児には、間違いの指摘は慎重に。ドリルの丸付けではバツ×じゃなく、ふせんで目印をつける。勉強の間違いを嫌がる子、プライドを尊重してあげよう。