できる勉強法

制限タイムで勉強の集中力とやる気。タイマーで時間計測。発達障害児に効果あり。

制限時間を決めると、勉強の集中力とやる気がアップします。

勉強時間を決めると、ダラダラとサボり気味。

子どもが家庭で学習するとき、時間で区切っていますか?それとも、プリントの枚数で区切っていますか?

我が家では、息子が家庭学習に取り組む際に、「一日30分」と時間を決めて勉強をすることに決めていました。勉強机に向かってから30分、進められるだけテキストの問題に取り組みます。
しかし、しばらくすると、勉強をあまりやりたくない日、つまり乗り気になれない、さぼり気味の日には、テキストの進捗度がとても悪いことが気になりました。机に向かう同じ30分でも、集中して勉強できる日もあれば、そうでない日もある。そのムラの多さが気になり始めてきたのです。

時間を計ってプリントを解く。

そこで我が家の改善策、タイマーで時間を計って、プリントを解いていく学習方法を試してみたのです。区切る時間は、プリントごとに息子に自己申告させることに決めました。
「この算数のプリントを一枚解くのに、時間はどれくらいかかりそうかな?」と確認します。そこで息子は、プリント完了までの目標制限時間を決めるのです。
「20分で解けるように頑張るよ!」、この一言で、本人にも時間内に問題を解く目標意欲が生まれたことが確認できるのです。

制限時間内にできると、達成感があり、やる気アップ。

時間は自己申告なので、慣れるまではどれくらいの時間が必要になるか、つかみにくいところもあります。そんな時は、その都度、母親の私と相談しながら決定していきます。
目標タイムを設定したら、キッチンタイマーで時間を計ります。時間を意識しながらの勉強は、問題を解く際にもダラけることなく、高い意識が持てるようです。
プリントの枚数を決めて取り組む方法も、本人の学習達成感を得やすい方法ではあります。しかし、うちの息子にとっては、枚数を先に決めることで、問題の難易度が考慮されなくなるために、勉強にかかる時間に差が出るようになってしまったのです。
やはり、一枚あたりにかける時間を設定することを第一優先にしてみることが、息子にとっての達成意識を保つことに一役買ってくれていたようです。

だんだん勉強への自信がついてきた。

プリント一枚が20分以内で終了し、正答率も高かった時には、息子の自信も大きくなっていったようでした。
制限時間が守られるようになってきたら、時間の設定を見直してみたり、取り組むプリントの枚数を増やしてみればいいのです。
全体の勉強時間を決めるより、「この一枚にかける時間」を、本人と一緒に設定してチャレンジしていくことで、学習意欲は確実に向上していきました。

時間ばかりが大切なわけではないので、気を付けないと、スピードにばかり気を取られて、勉強の中身の精度に難が出てしまうこともあるかもしれません。
そんな時は、ゆっくり問題に取り組めるように、目標時間を延ばしてみましょう。

-できる勉強法

関連記事

漢字の勉強は、大きな用紙に大きく書く。正しく漢字を覚えられる勉強方法。発達障害児に効果あり。

小学生の勉強の中で、漢字を覚えることは、一つの難関な部分です。最初に漢字を覚えるときには、小さな国語ノートのマス目ではなく、A4用紙全体に大きく書くことが大事です。

間違った時のやり直しが大切、できない問題を復習する勉強方法。発達障害児に効果あり。

間違いはチャンス、できなかった問題をやり直す勉強方法。親がやることは、子供がやり直しを楽しくなるような言葉かけ。間違いをやり直す、できる経験を積み重ねる。間違いを責める言葉は、子供の自信をなくします。

できたらシールで褒める。子供の頑張りを形にする。発達障害児に効果あり。

ほめる気持ちを見える形に、頑張った証をシールで評価する勉強方法。子供の頑張りを、目に見える形にすること。増えるシールが、子供に達成感を感じさせる。もちろん言葉で褒めること、シールで褒めること、どっちも大切です。

子供が勉強を頑張る。母親は褒め方を勉強する。褒めて親子で一緒に喜ぼう。発達障害児に効果あり。

注意や小言ばかりの私が、褒め方を勉強した体験談。テストの出来た部分を素直に褒めてあげよう。勉強の具体的な変化を褒めると、子供の喜びが大きい。

子供の勉強は、できることから。簡単な問題で自信をつける。発達障害児に効果あり。

できない問題を押し付けず、できる問題で、子供に自信をつけさせる勉強方法。できる勉強を繰り返すと、できない勉強への拒否反応がなくなってくる。小さな成功体験の積み重ね、自信がつけば、新しい勉強にもチャレンジできる。