できる勉強法

勉強ができない、できるとこまで戻ってステップアップ。発達障害児に効果あり。

勉強は、できた実感と、褒められた喜びで成長する。

小学生の勉強も、だんだん難しくなるにつれて、子供も勉強に対して苦手意識が出てくると思います。例えば国語の勉強の場合は、漢字の書き順がわからなくなってしまう、漢字の部首を忘れてしまう。算数の勉強の場合は、計算が難しくなるにつれて、計算の方法がよくわからなくなってしまうなどがあると思います。

「できた」経験が、勉強の苦手意識をなくす。

子供の勉強への苦手意識をなくすためには、「できた」という経験が必要です。できないことが続いてしまうと、どうしても勉強に対して苦手な意識ができてしまいます。
「できた」を増やしていくため、小さな成功経験を積み重ねることが必要です。

小さな成功体験を、親から褒められると、勉強のやる気につながる。

ついつい見ている親は、なかなか子供ができないと焦ってしまいがちですが、勉強はひとつずつ順を追って進めていくことが大事です。また、できたときに必ず親が褒めてあげることが非常に大事になります。「できた」ことが、本人の自信につながり、また親に褒められたことで、勉強のやる気につながります。

できないときは、できるとこに戻ってステップアップ。

そして、勉強の内容を、少しずつステップアップしていくことも大事です。
例えば2桁の引き算ができない場合は、まずは2桁の足し算から、勉強をやり直す。さらに、1桁の引き算の問題をやり直す。まずは、きちんと理解できて「できた」という実感を得られたところで、気分転換に休憩を入れます。

焦らずゆっくり、できる勉強をやっていく。

そこで頭をリフレッシュしたところで、再度、2桁の引き算に挑戦します。ここで2桁の引き算が出来なかった場合は、再度、1桁の引き算に戻って、同じ勉強を繰り返します。
とにかく本人の「できた」ということの実感を得るために、焦らずゆっくりやることが、大事です。

できた実感、褒められた喜び、新しい勉強に挑戦する気持ち。

このゆっくりでも「できた」という実感が、勉強をやっていくのに非常に大事で、今までできなかった問題や、理解が難しかった勉強にも挑戦しようという気持ちがでてきます。
また親に褒められたことでも、やる気のアップにつながります。このやる気が、次の勉強へのステップアップのもととなり、秘めている力を発揮できるようになります。
できた実感と、親に褒められた喜びで、勉強への苦手意識もだんだんと薄れていき、難しい問題にも挑戦しようという気持ちにもつながります。

勉強ができる実感、親子で一緒に楽しもう。

子供が勉強でつまずいたら、親は焦ってしまいますが、ここは辛抱して子供の成長に向き合って、基礎に戻って、勉強を進めていきましょう。
結果的に短い時間で大きな成長を生む結果につながります。ひとつひとつ子供が解決して喜んでいる様子をみて、親子で一緒に楽しく勉強をすすめていきたいですね。

-できる勉強法

関連記事

間違いはバツXじゃなく、☆星印で得意への近道。発達障害児に効果あり。

勉強で間違ったら星☆マークで再挑戦、前向きな姿勢でやり直す勉強方法。どんな子でも、勉強で間違いにバツされると、やる気はなくなります。星☆マークで苦手意識を持たせず、間違った問題にも再チャレンジ。勉強したい気持ちを伸ばし、苦手克服から得意へと変えていく。

集中力が続かない、不器用な子。ADHD発達障害児の勉強方法。

適度な休憩、適度なアドバイス。できるだろう、大丈夫だろう。それは親の思い込み。母親は子供の勉強を、そっと後押し。よく見て手助け。

勉強スケジュールを見える化、予定を決めると、やる気と達成感。発達障害児の勉強法

行き当たりばったり。計画的に行動できない、ADHD発達障害児。ホワイトボードで、勉強内容を見える化。子供がイメージしやすい、具体的な勉強内容を書く。親子、お互いが楽になりました。

勉強ができる、とにかく子供を信じる親子の信頼。発達障害児に効果あり。

ADHD発達障害児、親子の信頼関係でやる気がアップ、子供を信じる勉強方法。叱ってばかりじゃ、子供の自尊心を傷つける。子供が勉強ができないと、親が勝手に決めつけていた。とにかく子供を信じる。親子の信頼関係で、子供のやる気がアップ。

漢字を大きな紙に書いて覚える勉強方法、発達障害児に効果あり。

漢字を間違う子には、この勉強方法を試してみよう。漢字を書き写すことができない子が、大きく書くと正しく書けた。ただ大きな紙に漢字を書いてあげるだけの勉強方法。画数が多い漢字にも、この勉強方法は応用できます。