できる勉強法

短時間集中型の勉強、誰かと競うと効果アップ。発達障害児に効果あり。

小学校4年生の娘、勉強に集中できず、ぼんやりする癖があります。

小学生の子供は1日、どのくらいの時間、勉強をしていますか。
うちの娘は小学校4年生、机の前に座ることは嫌いではないようで、毎日、比較的長い時間座って勉強しているのに、成績の方はいま一つ。
いつも、ぼんやり、ぼーっとする癖があります。

だらだら長い時間勉強する、うちの娘。

勉強の様子をみていると、机に座ってはいるものの、ぼんやりしたり、息抜きと称して、漫画を読んだり、結果的には、だらだらと時間を過ごすだけで、勉強自体ははかどっていない様子。どうしたものかと、悩みながらも、具体的な対策を講じることができずにいました。

祖母の写経が、孫娘の興味を引いた。

そんな、ある日のこと、義理の母が、趣味で「写経」をはじめました。
娘はリビングで、その様子をみていたのですが、しばらくすると「おばあちゃんと一緒に、お勉強する」と宿題を持ち出し、祖母と孫が並んで勉強することに。そのうち、闘争心がわきあがってきたようです。

祖母と孫娘が並んで勉強開始。

「おばあちゃんより、宿題を早くできるよう頑張る!」と、娘も勉強を大奮闘。どちらが早く終わるか、競争が始まりました。
孫娘をやる気にさせようと、義母も一役買ってくださり、「おばあちゃんも、負けないよ!早くできても、間違っていたらダメだからね。」などと、絶妙なアシストをしてくださいます。

誰かと競うと、勉強への集中力がアップ。

最終的には、娘が先に勉強が終わり、答えもすべて正解だったので、娘は大喜び。
義母も「すごいねえ、偉かったねえ、がんばったねえ」とたくさん褒めてくださり、娘は、得意満面です。
これまでは、学校から帰ってすぐに勉強にとりかかっても、夕食までに終わることがなかった宿題も、この日は、あっという間に終了しました。
さらに、自主的に計算ドリルと、漢字テストの勉強まで、やり遂げることができたのです。

短時間集中型の勉強で、だらだら勉強にさよなら。

このことがきっかけとなり、短期集中型の勉強環境を作ることが、娘にとって、最善の策だと気づきました。毎日、タイマーを利用して、短時間で勉強させることにしたのです。
勉強が終わったら、遊んでもかまわないので、きめた時間内は、集中して勉強すること、毎日続けることを娘に約束させました。

家族が競争相手になって、娘の勉強を後押し。

義母や、私、時には夫が競争相手となり、娘の勉強のやる気を後押しします。
また、娘が勝てば、私が作成した表に、シールを貼っていくという試みも行いました。勝てば喜んで「もう1回やる」といい、負ければ悔しくて「もう1回」と催促する娘は、以前の「仕方なく机の前に座っていた娘」とは別人のように生き生きしています。

学校でも時間を計る、テストが始まりました。

偶然ですが、最近、学校でも、毎朝時間を計って「よーいドン」で、計算や、漢字の書き取りテストを行う、勉強方法を始めたようです。
その毎朝のテストで、娘は、よい成績をあげているようで、ますます、勉強のやる気がでた様子。娘が自ら「今日も問題やるから時間を測って。」と申し出るようになりました。

結果はどうあれ、頑張りを褒めてあげる。

ただし、張り切りすぎて、うっかり間違いをして、仲良しのお友達に負けてしまう日もあったとのこと。その時は、少し落ち込んでいましたが、「頑張ったもんね。これからは、うっかり間違いしないようにね。」とこれまでの努力を認め、けっしてお友達と比較しないように心がけました。
このような配慮は必要になりますが、健全な競争力は、子供を勉強好きにするためには、とても効果的。これからも、家族一丸となって、娘の頑張りを応援していきたいなと思います。

-できる勉強法

関連記事

15分勉強、5分休憩、また勉強。集中力が切れたら一旦休憩を。発達障害児に効果あり。

休憩で集中力を回復する勉強方法。勉強時間は15分で一旦休憩。集中力が切れると、勉強が頭に入らない。子供のペースにあった勉強時間の習慣を見つけよう。

小学生の勉強、できるイメージトレーニングで成績が伸びる。

勉強に消極的な小学校4年生の息子、できるイメージで勉強に自信が。イメージトレーニングで、息子の勉強が伸びた。子供に勉強を楽しくさせる、親の工夫が必要。

勉強で癇癪を起こすのはやる気の証拠、ゆっくり再挑戦する勉強方法。発達障害児に効果あり。

やる気があるから、子供は勉強で癇癪を起こす。そんな時はゆっくり再挑戦する勉強方法。できなかった問題を、親と一緒にゆっくり再挑戦してみる。休憩をしながら、ゆっくり集中して勉強する。ペースダウンして再チャレンジ。

障害を持つ子の勉強方法、6つの秘訣で家庭学習が元気に進化。

6つの秘訣で、障害を持つ子の家庭学習が劇的に進化します。 障害を持つ子には、家庭学習が必要 発達障害や軽度の知的障害を持つ子の学力の向上には、学校での授業と、家庭学習の、両方が絶対に欠かせません。 障 …

視覚効果を使った勉強で、発達障害児の理解が進む。

シールや絵で楽しく、視覚効果を使った勉強方法。算数の問題を、視覚的効果で。ちょっとした工夫で、発達障害児でも理解が進む。勉強がわかると、勉強が楽しくなる。