できる勉強法

親の一工夫で子供が勉強に取り組むように。丸つけも丁寧に。

勉強のやる気アップの一工夫、すぐにイライラするADHD発達障害児。

小学校3年生の息子は、勉強するときに、難しそうな問題だと思うと「難しいからやりたくない」と言って、取り組もうとしませんでした。勉強を始めても難しいと、すぐにイライラして「わからないからやりたくない」とすぐにあきらめてしまいました。

字が小さいと勉強のやる気が無くなる息子。

そこで私は、ノートを1冊準備して、出来なかった問題を1問ずつ拡大コピーして、1ページに1問ずつ貼り付けました。問題集は意外と字が小さくて、1ページに問題数も多く載っているので、それを見ただけで、息子の勉強のやる気がなくなるようでしたので。そして1問ずつ、難しい問題を、親子でゆっくり解いていきます。

大きく問題を拡大コピー、勉強のモチベーションアップ。

1ページにドンと大きく問題があるので、余計な問題を見なくて済むので、集中して勉強できるようでした。そして終わったら必ず丸付けをして、大きな花丸や「良くできました」の大きなシールを貼ったりすると、それを見て息子は満足そうに嬉しそうな顔をして、「次のページもやってみる!」と勉強のモチベーションが上がりました。

漢字の勉強、丸つけは一つ一つ丁寧に。面倒でも親も頑張って丸つけ。

漢字の勉強の時も、小さいマスに練習させるのではなく、大きめなマスにやると書きやすくなるようでした。そして、丸付けをする時は1ページにドンと丸を書くのではなく、1マスずつの漢字に一つ一つ丸付けをしていきます。とっても上手に書けていたら花丸を、上手なら二重丸、間違わないで書けていたら一つ○のように、一つずつチェックしていきます。ただ大きな丸をドンともらうより、明らかに嬉しそうな表情になり、子供も一つ一つ丁寧に書こうとしますし、頑張ってやろうかな、と思うようになるようでした。

勉強で頑張ったら、週末にご褒美。

我が家は週末に出かけて、外食をしたり好きなお菓子を買ったり、ちょっとした欲しい物を購入する習慣があるのでそれも利用しました。自作の拡大コピーを張り付けたノートの問題を、1ページやり終えると、金色のシールをそのページに貼ります。それを1週間で10個ゲットすると、週末に外食するお店をリクエストすることができたり、ちょっとした欲しい物を買ってあげることにしました。

目標を達成して、勉強のやる気をアップさせる。

あまりにも目標の数を多くしてしまうと、子供の勉強のやる気が逆に無くなってしまうので、最初は絶対達成できるだろうと思う目標から始めます。子供の様子を見ながら、臨機応変に目標のシール数を変えたりもしています。この方法で勉強のやる気がグンとアップして、苦手でやりたくない問題にも取り組むようになりました。

勉強は、やればできると自信をつけさせる。

そして問題が出来た時は必ず褒めるようにしています。「すごーい!出来たね~。」と言って、勉強をやればできるのだ、と自信をつけさせるようにすると、次も挑戦しようと意欲が湧くようでした。

-できる勉強法

関連記事

やる気がでない発達障害児には、小さな目標を積み重ねる勉強方法。

いきなり大きな目標では、やる気をなくす。集中力が弱い発達障害児の勉強方法。目標は1日で達成できるものにする。無理やりの勉強じゃなく、上手な目標で子供のやる気を引き出そう。

文章問題ができない子、イラストや実物で苦手意識をなくす勉強方法。発達障害児に効果あり。

文章問題を視覚的な情報で補足して、苦手意識をなくすと、子供にやる気が出てくる。文章問題を、視覚的情報に変換する。文章問題への苦手意識をなくし、子供のやる気をアップさせる好循環を。

勉強の間違いは「おしい」、全然惜しくなくても「惜しい」発達障害児に効果あり。

発達障害児には、間違いの指摘は慎重に。ドリルの丸付けではバツ×じゃなく、ふせんで目印をつける。勉強の間違いを嫌がる子、プライドを尊重してあげよう。

勉強の時間を決める、時間を測る。タイムで勉強の集中力アップ。発達障害児に効果あり。

タイム計測する勉強方法で、子供も親もやる気アップ。勉強のタイムを記録して、ご褒美シール。親子で楽しみながら、勉強のタイムを測ってみよう。

勉強はストップウォッチでタイム計測、やる気アップの勉強方法。発達障害児に効果あり。

タイム計測は、勉強への集中力を高める効果。集中できないADHDの子に効果大。ただ何となくの勉強ではダメ。勉強は、目標を立ててやると、集中できる。