障害児の勉強失敗談

LD学習障害児、国語は得意でも算数がめっきり苦手、得意不得意が極端

小学3年生、勉強の得意不得意が極端な、LD学習障害タイプの子

40歳の母親です。子供が学校にいってから、パートとして働きに出ています。そして、子供が帰ってくる前には仕事を終えて、家に帰る毎日を過ごしています。
以前は大学を卒業して、正社員としてプログラマーをしていましたが、結婚を機にフルタイムでの仕事をやめました。ちょっと勤務先が遠かったこともあり、家事の比重を上げるために、パートに切り替えました。
私自身の性格で、自分でもちょっと嫌だなというのが、せっかちなところです。子供に関しても、聞いたことに対して、すぐに明確な返事がないときはいらいらしてしまい、答えをせかしては、子供もすねて、余計に悪循環に陥ってしまうということが、よくあります。

争いごとが苦手で、のんびりな子

さて、その子供の勉強に関してのことですが、子供は小学校3年生の男の子です。小さい頃から引っ込み思案でのんびり屋、どちらかというと平和主義で、子供独特の気分に任せた言動は、あまりとらないタイプです。一人っ子のことも影響してか、争い事が苦手で、すぐに人に譲ってしまうところが多々あります。私自身の性格を受けついでしまったようです。

通知表では、得意不得意の差がはっきり。

勉強は、通知表の出来としては、概して特別良くもなく、悪くもないといったところでしょうか。しかし、一つ一つの内容を見てみると、得意不得意の差は歴然としています。
それは、国語はいいけれど、算数がめっきりダメということです。いわゆる文系の気が、すでにはっきりでてしまっているのです。
ここでも親の遺伝子を感じてしまいます。幼児のころから、絵本が大好きでしたし、ひらがなを覚えるのは周りと比べても早かったです。子供とよくコミュニケーションをとって話しかけるようにしたのと、祖父・祖母、親戚関係やご近所さんとも積極的に接して、話しかけてもらったのが影響したからかもしれません。

なぜか幼児の頃から、英語が大好き。

また英語は大好きであり、大得意でもあります。英語に関しては、幼児のころから、それこそなぜだかわかりませんがABC・・のアルファベットが大好きで、YouTubeでの英語ソングやアニメでも、英語で聞くことが大好きでした。NPOがやっている英語教室にも、自分から行きたいと言って通っていました。

算数だけは、低学年から落ちこぼれ・・・

反して、算数はめっきり苦手なようで、学校にも行きたくないと言う始末です。私自身が算数が苦手で、この子には、苦手意識だけはもってもらうまいと、やはり幼児から数字に積極的に慣れさせて、数を数えたり、簡単な足し算引き算を、覚えさせようともしました。しかし、学校で算数を習っていくうちに、どうも理解できなくなってきたらしいです。
まだ小学校の低学年のうちから、算数ができないのは、この先のことを考えると、かなり心配です。

頑張って教えても怒鳴ってしまって、やる気をなくし悪循環。

学校から帰ってきてから、算数の教科書をひっぱりだして、私が教科書を読んで、算数を教えるようにしました。
でも、子供の態度に腹を立ててしまって、自分のせっかちな性格も災いしてか、あまりうまくできません。わたしもついつい、どなってしまったりして、子供もやる気をなくして悪循環です。たぶん、子供も算数の自信をなくしていると思います。そして母親の私自身も自信、子供への信頼をなくしていたのかもしれません。ちょっと口うるさく言い過ぎたのかも。

親がうるさく言い過ぎたのは、失敗かも。

今のところ、学習塾には通わせていませんし、学習教材も購入していません。そして、もし子供から、もっと勉強したいという言葉が聞けたなら、塾に通わせてプロにお任せするか、通信教材を購入して勉強させることを、考えています。
しばらく、子供の力を信じて、少し私のほうからは何も言わないことにしています。

-障害児の勉強失敗談

関連記事

ADHD発達障害児、珍解答連発、新しい漢字を発明、聞かれてないことを答える。

うっかりミスや珍回答で笑っちゃう、ADHD注意欠如多動性障害タイプの子。問題をよく読まずに、勝手に答えを書いてく。子どもならではの珍解答、これってそのままじゃダメ?苦手意識を持たせず、いいところを伸ばす、ADHD発達障害児には特に重要。

母親の言葉が、勉強の足を引っ張る。ネガティブ発言は勉強の邪魔。

勉強に対してやる気の全くない小学校4年生のうちの息子。私がネガティブな言葉で勉強のモチベーションを下げてた。やればできると信じて、子供の勉強を見守ります。

ADHD発達障害児、勉強だけに集中する環境を作る。兄弟一緒で失敗しました。

ADHDの小学生の兄は勉強に集中できず、幼稚園の弟と一緒に勉強を始めると、どちらかにちょっかいを出してふざけはじめてしまうので、なかなか勉強が進みません。

ADHD発達障害児、教科書中心で小さな自信を積み重ね。難しい教材はやる気をなくす。

明るく元気で天真爛漫、ADHD注意欠如多動性障害の子。勉強では、理科が嫌いで、算数は好き。学習教材は、無理のないものを選ぶ。教科書を中心に勉強、そして応用をプラスする。

LD学習障害児、文章理解の勉強方法は、まずは好きな本を読むことから

文章の理解力がない、LD学習障害傾向の子。音読は上手、でも読解力がない。文章問題攻略するための勉強方法は、まず本を読むところから。勉強の本じゃなく、好きな本なら自分から読んでくれます。