できる勉強法

声に出す、書き出す。自分に合うアウトプットで知識を完全にする勉強方法。発達障害児に効果あり。

勉強はアウトプット。理解して、声に出す、書き出す。

自分の考えがまとまらないとき、声に出して独り言のように言ってみることで整理できたという経験はありませんか?

勉強したことを、誰かに向けてアウトプット。

一度得た知識をアウトプットすることは、知識の習得にとって非常に有効な勉強方法です。学校での勉強子供たちは、さまざまな知識を得ています。黒板の文字を読み書きし、友人の発表に耳を傾け、たくさんの問題を解く練習を重ねていることでしょう。学校で得た多くの知識を、誰かに向けてアウトプットすることは、得た知識を自分の知識として完全に吸収することに役立ちます。

友達に勉強を教えると、自分の知識が確かになる。

自分が解けた問題を友人に説明することで、応用問題を解けるまでに完全にマスターできたこともあるでしょう。つまり、誰かに向かって勉強したことを発信することで、自分の知識は、より確かな情報・知識として頭に記憶されるのです。

声に出すアウトプット、紙に書くアウトプット。

かけ算九九を学校で習い始めたマサキ君とミサキ君は、九九を暗記するのが楽しくて仕方がありません。学校では、二人で競い合うようにして学習に取組んでいます。同じ「算数が好きな男の子」でも、二人の家庭での学習方法は全くタイプが異なっていました。

マサキ君は、声に出してひたすら九九を呪文のように唱えながら、暗記していく方法が好きでした。声に出して覚える方が、すんなりと頭の中に入ってくるのです。
一方のミサキ君は、覚えたい九九を何度も紙に書き、文字化することで確実に覚えるという方法で勉強を続けました。

自分にあった効率的な勉強のアウトプットを見つけよう。

学校での勉強方法はみんな全て一律です。しかし、家庭での復習の方法は人それぞれ違っていることでしょう。自分の一番やりやすいアウトプット方法を見つけることが出来た子供は、より効率よく知識の習得につなげる勉強が出来るでしょう。
自分なりのスタイルを見つけることが出来た子供は、それが強みになるでしょう。しかし、すんなりと自分なりのスタイルを確立できる子供は、そう多くはいないことでしょう。

子供の勉強方法、親の助けが大きく影響する。

これには、子供の身近で学習を見守る親や家族の助けが大きく影響します。「色々な勉強方法を試してみる」、「勉強時間を変えてみる」などの変化を付けて、その子供にぴったりの学習方法を、親子で一緒に探ることが出来たら理想的ではないでしょうか。

子供の勉強は、できることを実感させる。

苦手な科目の勉強を後回しにしたり、数日分まとめてやっつけるような方法で学習に取組んでいる子供はいませんか?
難しい問題は後回しにしても良いのです。簡単な問題を多く解いて行く経験を重ね、出来ることを実感させる方法が、勉強意欲につながることでしょう。

子供に質問、覚えた勉強をアウトプットさせる。

毎日こつこつ勉強を続ける習慣を身につけさせたら、続いては知識の完全習得を目指していくつかの質問を取り入れた会話をしてみましょう。
「この問題はどうやって解いたの?」、「この漢字の書き順を教えてくれる?」など、問題を復習できるように問いかけをすることで、答える側に再度復習をさせることが出来るでしょう。

勉強は覚えて、声に出す、書き出すアウトプットが大切。

家庭学習は、「少しずつを毎日こつこつ勉強を続ける」ことが重要であり、「勉強での成功体験を重ねる」ことで、自信を付けさせてあげたいものです。そして、「誰かに学習内容を教えること・紙に書き出すこと」などによる、勉強のアウトプットの習慣を身につけることで、確実に習得することが出来るでしょう。

-できる勉強法

関連記事

間違いはバツXじゃなく、☆星印で得意への近道。発達障害児に効果あり。

勉強で間違ったら星☆マークで再挑戦、前向きな姿勢でやり直す勉強方法。どんな子でも、勉強で間違いにバツされると、やる気はなくなります。星☆マークで苦手意識を持たせず、間違った問題にも再チャレンジ。勉強したい気持ちを伸ばし、苦手克服から得意へと変えていく。

好きな教科を、もっと好きにさせる勉強方法。発達障害児に効果あり。

好きな教科の勉強を、もっと好きにさせる。嫌いな教科の勉強は、無理にやらせない。自分から学びたいという気持ちが起きない限りは、子供の勉強は伸びない。

歌ってリフレッシュ、休憩で勉強効率アップ。発達障害児に効果あり。

家庭の勉強で、子供の集中力はどれくらい続くか?子供の勉強の集中力をアップさせる方法。大好きなアニメソングを歌って、休憩時間にリフレッシュ。親子で一緒に歌えば、もっと楽しくリフレッシュできます。

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫をして勉強してみましょう。

発達障害児のテスト勉強、失敗パターンとテスト対策。

勉強が苦手な障害を持つ子が、前向きになれるように、母親がしっかり頑張りを評価する。そして、テストの対策を家庭で練習することで、0点が10点、10点が20点と、ちょっとずつ成長できるように頑張りましょう。