勉強ができる子になる習慣

短時間の集中した毎朝の勉強、小学生のうちに勉強の習慣をつける。

小学生のうちに短時間の集中した勉強の習慣、ADHD発達障害児に効果あり。

毎日、勉強することはやはり効果が着実についていきます。うちの娘は小学校5年生ですが、落ち着きがなく、勉強に集中するのが苦手です。我が家でも家庭学習を定着させたかったのですが、親と子が向き合うと、喧嘩になりあまりうまくいかないことも多々あります。それならば短時間の勉強で勝負だと、思いついたのが朝のプリント学習です。

学校に行く前、朝に短時間の勉強をやってみた。

ちょうど学校で100ます計算、朝読書などと、朝の学活に様々な取り組みをしていることを聴いていたのでマネしてみました。家庭での学習でも、選んだ時間は朝です。
夕方は、宿題を終わらせてから友達と遊んだり、テレビも見たい、習い事のある日もあるので、リラックスさせてやりたいという気持ちもあります。
それならば短時間勉強の狙い目は、学校へ行くまでの時間だと考えました。

早起きして勉強、朝は脳の回転も一番。

まずは、朝の起きる時間を30分早くして、10分だけ勉強に取り組んでみました。勉強課題も欲張らず、プリント一枚だけと短時間に集中して勉強することを狙いにしました。
やっぱり集中するには朝が一番良い気がします。よく睡眠をとって、昨日の疲れもリセットされていますので、朝は脳の回転も良いと思います。

毎朝の勉強を習慣化、子供が嫌がらない範囲で。

目標はあくまでも継続して勉強を続けることだったので、やらされている感がないように、プリントは時間が余っても一枚だけにして、でもそれを毎朝の習慣化させるために、母親の私もきちんと早起きしてプリントを印刷し忘れないよう、子供の勉強の準備をしました。

親子で継続する決意が必要です。

朝の短時間勉強をやってみて気づいたことは、たったプリント一枚でも継続するという事は子ども一人の力では難しいという点です。親も一緒に頑張るという気持ちがなければ、つい、今日は勉強しなくても、明日二枚しようかなどと怠けてしまいがちです。

朝の短時間勉強を続けていると、必ず成果が実感できる。

でも、決めたことを最後までやり遂げる気持ちを親が示し続ければ、かならず継続は力なりを実感できます。そして、継続しているうちに、プリント一枚を終わらせる10分が、どんどんタイムが縮まってきて、勉強への集中力も更にアップするという嬉しい効果があるのを感じています。
勉強時間を決めてタイマーをセットするのは、ゲーム感覚で子どものやる気を引き出すためにとても効果があります。スピードかつ着実にしないといけませんので、子どもも集中するようです。

小学生のうちに勉強の習慣をつけること。

でも勉強は、なかなかすぐに成果が表れないのでもどかしいですが、小学生の今のうちこそ、こういう地道な積み重ねの勉強時間をかけられます。
中学になると部活などに追われ、何度もある定期テストなどで、嫌でも順位が付けられ、他人との差を見せつけられてしまいます。ゆっくりプリント一枚だけなんて、言っていられなくなります。
小学生の今こそ、丁寧に時間をかけて勉強に取り組むことが出来るチャンスです。子どもが自主的に勉強を頑張り、競争心を抱いていることは、とても学力アップに効果的です。

-勉強ができる子になる習慣

関連記事

家庭で集中して遊ぶ習慣、それが家庭で集中して勉強する習慣になる。発達障害児の勉強法。

リビングで自由な発想で遊ぶ。それが勉強の習慣につながる。遊びに集中すること、勉強にも効果があります。散らかっても気にしない。そっと図鑑や辞書も置いておく。自然と勉強に気が向く工夫を。

脳科学で、勉強する時間を工夫する。発達障害、知的障害を持つ子の、勉強方法。

発達障害、知的障害を持つ子が、勉強を頑張るためには、勉強する時間を工夫する。そうすると効率よく、勉強ができます。

障害を持つ子の勉強は学校の協力が不可欠

先生と学校の協力を、最大限に引き出す工夫をしましょう。 メニュー 学校の先生と協力しながら、子供の勉強を進めよう。 学校の先生は、敵じゃない。 障害を持つ子を育てる親が、一番やってはいけないこと。 そ …

親の経済力と子供の学力、障害児にはお金ではなく、勉強を大切にする家庭環境で決まる。

子供の教育は、お金じゃなくて、家庭の熱意で決まります。 お金がなくても勉強はできる。 経済的な余裕があれば、学習塾に通えます。 「経済力がある家庭の子のほうが、勉強ができる。」と、よく言われます。 確 …

散歩で勉強、歩きながら親子で会話する習慣が、子供の勉強になる。発達障害児に効果あり。

人の話を聴くことは、とても高度な脳機能だそうです。子供の成長に、親子の会話は大切。会話でのクイズ形式の勉強方法も効果がありました。