勉強ができる子になる習慣

目標があれば子供は勉強を頑張れる、たとえ叶わなくても夢を持つこと。

父と娘の会話「大きくなったら、なんの仕事がしたい?」

ある日、夫が、小学生4年生の娘と、こんな会話をしているのを耳にしました。
「大きくなったら、なんの仕事がしたい?」
少し考えて、娘は、こう言いました。
「AKBみたいな、歌手になって、みんなに喜んでもらうの!」
母親である私は「歌手になって、成功できる人なんて、ほんの一握り。勉強して、もっと堅実な道を選んでほしい」と、口にこそ出しはしませんでしたが、心の中でつぶやきました。

子供の夢をもっと膨らませると、目を輝かせた。

しかし、夫は、こう続けたのです。
「そうかあ、じゃあ、オーディションを受けないといけないなあ」
すかさず「オーディションって、何?」と、目を輝かせながら、問いかける娘に、夫は、オーディションについて、説明します。
その後も
「じゃあ、音楽の勉強も、しっかりしないとなあ」
「体育のダンスも大切だよ」
「AKBの誰が、目標かな?ちゃんとテレビで、お話ができるように、国語の勉強もしないとなあ」
などと、どんどん、話を広げていきます。娘は、うんうんとうなずきながら、目を輝かせて、夫の話に聞き入っていました。

夢も大切だけど、勉強して堅実な道の方がいい。

娘が眠った後、夫に、先ほどの会話について、私が感じたことを伝えてみました。
具体的には
「夢を語るのも大事だけど、実際には、堅実な道を歩んでほしいと感じたこと」
「けれども、娘の嬉しそうな様子や、勉強に意欲を見せた態度をみて、少し考え方が変わったこと」
などです。

夢は叶えられなくてもいい。

それに対して、夫は、次のようなことを教えてくれました。実は、中学生の頃になりたいと憧れた仕事に、実際につける人は、ほんの10%程度。けれども、子供の頃、なりたい仕事があった子供の方が、例え、その仕事につけなかったとしても、その後の人生の満足度が、高いというデータがあるのだそう。
目標に向かってがんばった経験をもつと、例え夢はかなえられなくても、その後、与えられたポジションで、頑張ることができるそうなのです。

娘が、勉強に積極的に取り組み始めた。

正直、夫がそこまで考えて、娘に対応していたとは、夢にも思いませんでした。しかし、その言葉を裏付けるように、次の日から、娘は積極的に、勉強に取り組む様になりました。驚いたのは、夫が勉強を促した「音楽」や「体育」「国語」以外の科目でも頑張ろうとしはじめたことです。

夢を実現させるため、モチベーションが高まった。

「頑張ってるね、どうしたの?」と尋ねると、「だって、テレビに出て、変なこと言ったら、笑われちゃうもん」と一言。夢の手助けになる「情報」を与えたことで、何をすればいいかが明確になって、モチベーションが高まってきたようです。

現実的な大人の常識より、子供を前向きにさせる言葉かけが大切。

ついつい現実的なアドバイスをしたくなりますが、大人の常識にとらわれずに、子供が、前向きな気持ちになる言葉かけをしてやることも大事なのですね。今度は、私が娘に聞いてやりたいと思っています。
「大きくなったら、なんの仕事がしたい?」って。

-勉強ができる子になる習慣

関連記事

子供に勉強を教えるには?自分が子供の頃を思い出す。

子供の困った性格、実は母親の私にそっくりだった。自分が子供の頃を思い出そう。子供の気持ちを理解して、勉強させる。

小学生の勉強、些細なことでも褒める習慣。幼児のように褒めてみよう。発達障害児に効果あり。

勉強でも生活面でも、できて当たり前。最近、私は娘を褒めているだろうか?小さい時のように褒める習慣で勉強を伸ばす。褒められることって、嬉しいもの。誰でも気軽にできる勉強を伸ばす方法。

遊びと勉強、どっちが先?ADHD発達障害児は、先に遊ぶと勉強にも集中できる。

どんどん外遊びをさせる習慣が、ADHDの子の勉強に効果あり。夢中で遊んで帰って疲れた後に、勉強をする習慣。思いっきり遊んだ後の方が、集中して勉強できた。

子供が好きなことに熱中する習慣、勉強にも必ずプラスになる。発達障害児に効果あり。

子どもが熱中できる時間を見守ってあげよう。熱中する習慣を、勉強に活かす。熱中する習慣で、勉強にも集中して取り組む姿勢が身についた。子供を見守り、いい習慣を伸ばしてあげる。勉強にも必ず効果がある。

子供との会話で、勉強の集中力や理解力を養う。ADHD発達障害児に効果あり。

ADHD発達障害、お風呂やドライブの会話の習慣で、勉強の力をつける。親子の会話を工夫して、子供の会話力を磨く。コミュニケーション能力は、勉強の力も伸ばす。