勉強ができる子になる習慣

親が子供を褒める習慣、それが子供の勉強のやる気になる。発達障害児に効果あり。

すごいね!上手だね!褒める習慣で子どものやる気をパワーチャージしよう。

私たち大人が自分の目標を達成できたときは、他人からの賞賛を受けられなくても自己満足することができます。資格試験に合格すること、就職活動に成功すること、などの具体的な事項に結果がついてきたとき、大人は満足感を得ることが出来ます。大人になった私たちにとっては、誰かに褒めてもらうことがゴールではなく、現実的な目標を達成することこそがゴールだからです。

子供には、褒められることが目標にもなる。

しかし、子どもにとって大切なことは何なのでしょうか?「国語で100点を取ること」や「かけ算九九を間違えずに言えること」が最終目標であっても、「誰かに褒められること」が頑張りのエネルギーとなり、なかには親や先生に褒められたいから頑張る子どももいることでしょう。子どもにとって誰かに褒められることは、偉大なパワーがあるのです。

何でもいいから、できることを褒めてあげる。

ヒカル君は漢字の書き取りが苦手です。新しい漢字が登場する度に、頭を抱えてしまいます。とくに苦手なのは、漢字の書き順を覚えることでした。
苦手意識がはっきりしている子どもは、克服するのに時間がかかりがちです。そこでお母さんは、家庭学習でヒカル君の漢字への苦手意識を、取り除くことから始めてみたのです。
「ヒカルは自分の名前を漢字で上手に書けるじゃない!」、そう言って丁寧に漢字が書けることを褒めてみました。ヒカル君は、自分の名前が丁寧に書けていることを、客観的な評価を受けて嬉しく感じます。

もっとできると、褒めながらアドバイスで、子供のやる気アップ。

そこに加えてお母さんは、今あるヒカル君の力を存分に褒めてみたのです。「名前が丁寧に書けるから、漢字の書き取りもこんなに綺麗な字で書けるのね!正しい書き順で字を書くと、もっと上手な字を書けるようになるのよ」、そうアドバイスを加えました。
丁寧な字を褒めながら、もっと上手に書ける方法をアドバイスする形で、苦手な「書き順を覚える」ことを克服するチャンスを与えたのです。

精一杯褒めてあげること。自信を持ち、勉強の力が伸びる。

新しい漢字を教える前に、知っている漢字から復習する形で書き順をおさらいし、丁寧な字は続けて褒めていきました。すると、次第にヒカル君は、自信を持って漢字の学習に取組むことが出来るようになっていったのです。
自信を持つことが出来さえすれば、子どもの力を伸ばすことにそれほど苦労は要りません。今持っているその子の力を見つけてあげること、そして精一杯褒めてあげること、これが大切なのではないでしょうか。

親が子供の勉強を褒める習慣、褒められて嫌な子はいない。

子どもの家庭学習においても、褒めることはとても重要なポイントになります。褒められていやがる子どもは居ないと言うことを念頭に置き、言葉のかけ方に気を配りながら家庭学習を進めていきましょう。

-勉強ができる子になる習慣

関連記事

子供の勉強は間違いのポイントを見つける。的確な指導が勉強ができる近道。

テストの結果、点数を見てイライラしてました。子供が学校のテストを持って帰ったとき、どんな反応をしていますか?

友達と思い切り遊ぶ習慣、勉強への意欲と集中力を養う一歩に。発達障害児に効果あり。

仲間と思い切り遊ぶ時間。この習慣が、学習への意欲や集中力をつけ、勉強に活かせる。外で思いっきり遊んで体を動かし、帰って集中して勉強する習慣。遊びも、勉強も、集中できる習慣をつけよう。

子供の勉強は失敗を見守り、努力した点を認める習慣。発達障害児に効果あり。

成果ではなく、努力を認める。子供の失敗を見守る勉強方法。子育ては、褒めて育てる。失敗から学ぶ経験が大切。失敗した時の褒め方、親の腕の見せ所。努力してきた点を認める褒め方。

障害を持つ子の勉強は学校の協力が不可欠

先生と学校の協力を、最大限に引き出す工夫をしましょう。 メニュー 学校の先生と協力しながら、子供の勉強を進めよう。 学校の先生は、敵じゃない。 障害を持つ子を育てる親が、一番やってはいけないこと。 そ …

自然とふれ合う習慣が、勉強に集中する力もつける。発達障害児に効果あり。

自然の中で集中力と探究心を学ぶ習慣、勉強の力もつく。アウトドア体験は子どもを強くさせます。そして工夫することを覚えます。勉強への切り替え、集中して勉強できるようになる。