できる勉強法

アニメで漢字の勉強、興味があれば集中できる。発達障害児に効果あり。

漢字、カタカナ。勉強のきっかけに、子供が好きなアニメを活用。

どうやったら子供が意欲的に文字を覚えるてくれるかというのは、親のよくある悩みだと思います。
部屋の壁に、あいうえお表を貼ってみる。勉強机のマットの下に、漢字の一覧表を挟み込むなどして、色々工夫をされていることでしょう。中には、親が趣向を凝らしても、いざ紙と鉛筆を目にすると、勉強のやる気をなくしてしまうという子もいるはずです。

アニメで漢字を勉強しよう。

そんな工夫されている皆さんに、我が家で成功した漢字の学習例をご紹介します。
それは、アニメです。
娘は「アイカツ!」が好きで、買い物に行くたびに、ゲームをしてカードを集めていました。その情熱を上手く利用して、登場するキャラクターの名前を漢字で書いてみようかと声をかけました。本人も好きなキャラクターのことなので、食いつきは良かったです。

うちの娘は、アイカツで漢字を楽しく勉強しました。

アイカツ!のキャラクターは、名前がひらがな・カタカナの子が多いのですが、「蘭」「紫」「霧」など、上の学年で習うはずの、難しい字もあったので、当時小学校3年生の娘には大変勉強になりました。画数の多い漢字を、バランスよく書くためには、どうしたらよいかというのも、本人なりに勉強したようです。

アニメでの勉強をきっかけに、漢和辞典で漢字を勉強する。

また娘が小学校3年生の頃、漢和辞典の使い方を覚え始めたので、「他の草冠の漢字はどんなものがあるかな?」「別の漫画に出てくる子の名前も探してみようか?」と誘導して、一緒に漢和辞典を開いて勉強したこともありました。
読めるけれども書けないという漢字がある子には、興味のあるアニメなどを利用した勉強法が良いです。
学校の教科書だと、その学年で習う漢字しか出てこないので、題材は教科書以外から見つけるのがおすすめです。少し上の学年で習う漢字がたくさん出てきますから。

カタカナの勉強は、妖怪ウォッチやプリキュア。いろんな応用ができます。

わが家は漢字を勉強するために、アニメのアイカツ!を利用しましたが、小学校低学年でカタカナを勉強したいなら妖怪ウォッチやプリキュアなんかも参考になると思います。
妖怪ウォッチに登場するキャラクターをカタカナで書いてみるとか、集めた妖怪メダルの一覧表をカタカナで書いて作るとか、きっかけは何でもありです。
とにかく子供が自ら楽しんで鉛筆を持ち、紙に書くという勉強スタイルに持っていってください。
書き終えた時には、子供が達成感を味わえるだけではなく、気がつけばカタカナも覚えていたというまさに一石二鳥の状態になります。

勉強にマンガやアニメ、効果があればOK。

勉強するのに、漫画やアニメなんて邪魔だと考える方もいるとは思います。
実際、漫画やアニメを断つことによって、勉強で優秀な成績を残している方がいるのは事実なので、その勉強方法としては有効なのだと思います。
一方で、勉強のやり方は、人によって向き不向きの差があります。
漫画やアニメのキャラクターを活用して勉強することで、子供が楽しく勉強できて、且つ学習効果もあるというのであれば、適度に勉強に取り入れても良いのではないでしょうか。

-できる勉強法

関連記事

勉強量はちょっとずつ、短時間集中で学習効果アップ。発達障害児に効果あり。

ADHD発達障害児、家庭学習の量は無理をせず、簡単に出来る内容からトライを。勉強嫌いな息子、宿題も教材もやるのはかなり苦痛。勉強量に慣れてきたら、問題数を増やして勉強させる。

一問一答でやる気アップ勉強戦術、集中力アップ、苦手意識克服で、発達障害児に効果あり。

たくさん解くより効果的!? 一問一答でやる気UP戦術。子どもがいつも同じような問題につまずくたびに、ママはついつい克服を必死に急かしてしまいがちです。やればやるだけ力が付けば良いのですが、現実はなかなかそううまくは行きません。

間違った時のやり直しが大切、できない問題を復習する勉強方法。発達障害児に効果あり。

間違いはチャンス、できなかった問題をやり直す勉強方法。親がやることは、子供がやり直しを楽しくなるような言葉かけ。間違いをやり直す、できる経験を積み重ねる。間違いを責める言葉は、子供の自信をなくします。

大きさや量、理解できない問題は、実物を目で見てイメージ。発達障害児に効果あり。

広さ、長さ、大きさ、量などは、実物を見せてイメージさせる勉強方法が効果的。計算は得意でも、大きさや量がイメージできない。計量カップやペットボトルで、実物を見てイメージ。わからないことでも、実物を見れば理解できるようになる。

勉強している内容を、普段の会話で。勉強のやる気がアップ。発達障害児に効果あり。

勉強に対してのモチベーションを上げるには、勉強内容を、普段の会話に取り入れる。親子の会話で、勉強のやる気がアップ。