できる勉強法

LD学習障害、算数ができない子。視覚的に教えると、なんとか解ける。

LD学習障害、勉強が生まれつき不得意な子がいます。

勉強は、生まれながらに得意とする子と、不得意とする子がいると思います。学習障害や発達障害で、勉強ができない子は、まさに不得意のタイプの子ですよね。
しかし、世の中は勉強だけではなく、たくさんの面で活躍する場があるし、勉強が不得意な子も、とても絵がうまかったり、人間関係を良好に保てる穏やかな性格であったり、良いところはたくさんあります。

高校を卒業するには、高校に入学すること。

ただ、今の日本の社会では、高校までを卒業すると言うことは、社会的にも生きていくためにはとても大切なことです。
その高校を卒業する前には、まず勉強して高校に入学をすることがクリアされないことには、卒業もできません。

うちの子もLD学習障害です。

うちの子もLD学習障害、発達障害と診断されています。今は小学生5年生なので、毎日学校に通うことをとても楽しみにし、学校での授業も嫌がることもありません。性格は協調性に優れ、お話など物語を読むのも聞くのもとても好きです。国語の勉強も読解問題は得意、理科や社会の勉強は、すんなり覚えることも苦ではありません。

国語はできるのに、算数が理解できない。

ただ算数は、授業だけでは全く理解できずに帰ってくることがあります。
家で算数の宿題を取り組んでいると、頭を抱えることもありますが、間違えることを気にしないので、最終的には「適当」に算数の宿題を済ませてしまうのです。

子供の勉強に、母親の私がついて一緒に勉強。

これではいけないと、母親の私が一緒に付いて勉強するようにしたり、終わった宿題を見せてもらったりしますが、何せ「適当」なだけに、間違いを説明してどうして間違えてしまったかを問うても、本人も分かりません。

算数の勉強、シールや絵を使い、数をイメージさせる。

算数の勉強では、間違えた理由がわからないだけに、また同じ間違いをしてしまうのです。
これではいけないと、ある方に勧められて「シールや絵を使って見て、わかるように教えてはどうか」と取り組んでみることにしました。

視覚的な刺激は、うちの子には効果的でした。

もともと、お話や図工、お絵かきなどが、うちの子は大好きなので、視覚的に刺激してあげることはわが子にはとても効果的でした。
特に図形を使った角度や面積を求める勉強では、公式を言われて当てはめることで簡単に解ける子もたくさんいます。しかし、うちの子は、なぜそうなるのかが頭にイメージできないようで、教科書を見ながらではできても、テストでは全く答えられませんでした。

学校から帰ったら、親子で絵を描いて算数の勉強。

学校から帰ってきたら、その日に習った勉強で、わからなかったことを本人に確認しながら、一からたどっていき、親子で、めいっぱい図形を描いて一緒に算数の勉強に取り組みました。
その勉強方法を続けると、覚えられなかった公式がちょっとずつ頭に入り、面積を求める問題が、なんとか解けるようになりました。

視覚的に教えることで、算数の勉強に未来が見えた。

視覚的に教える、イコール、子供の「なぜ?」「なに?」に答えることにつながっているんだなと確信しました。今では本人も、算数の宿題を取り組む時には、必ず絵を描きながら、勉強しています。
このまま親子で勉強に取り組むことで、好成績は取れなくても、なんとか地元の高校に楽しく通える未来が見えてきた気がします。

-できる勉強法

関連記事

苦手科目も克服、スケジュール管理で勉強効率アップ。発達障害児に効果あり。

何を勉強する?紙に書いて、視覚的に予定を確認しよう。子供と相談して、勉強のスケジュール管理を始めてみよう。紙やホワイトボードなどに記入することで、視覚的に確認することができるようになります。

「最近怒らないね」母の態度で子供の勉強意欲は変わる。発達障害児の勉強法。

小学校3年生、嫌な勉強はしない。こだわりが強いアスペルガー発達障害児。嫌がることには、理由がある。勉強を教える時は、穏やかに、冷静に、受容的な態度で。

勉強スケジュールを見える化、予定を決めると、やる気と達成感。発達障害児の勉強法

行き当たりばったり。計画的に行動できない、ADHD発達障害児。ホワイトボードで、勉強内容を見える化。子供がイメージしやすい、具体的な勉強内容を書く。親子、お互いが楽になりました。

漢字を大きな紙に書いて覚える勉強方法、発達障害児に効果あり。

漢字を間違う子には、この勉強方法を試してみよう。漢字を書き写すことができない子が、大きく書くと正しく書けた。ただ大きな紙に漢字を書いてあげるだけの勉強方法。画数が多い漢字にも、この勉強方法は応用できます。

文章問題は、視覚的効果を利用して解決!発達障害児に効果あり。

絵を描く、道具を使う。視覚効果の工夫で、文章問題を攻略。わからないことを、何度もやらせるのは、子どもも苦痛です。できない子どもに、がっかりする前に、視覚的工夫をして勉強してみましょう。