障害児の勉強失敗談

母親の言葉で、子供は勉強に取り組む意欲が上がります。発達障害児に効果あり。

私の言葉が、息子に勉強を諦めさせてた失敗談と改善策。

小学校5年生のうちの息子は、問題を見て「難しそうだな」と思うと、問題を解くのを諦めたり、考えようともしないで、当てずっぽうで答えを書いて、その場をしのごうとします。
結局分からないまま、勉強せずに終わってしまうので、成績が良くなるわけもありません。

子供にもプライドがあります。

「ちゃんと考えれば分かるからやってみて。」と言うのですが、「本当は出来るけど、やりたくないだけだから。」とごまかしたりします。
おそらく、勉強が出来ないということを知られるのも嫌だし、出来なかった時に、母親の私に、小言を言われるのも嫌だ、という思いがあるのではないか、と思います。
うちの息子も、子供ながらプライドがあるのでしょう。

プライドを傷つけ、どうせ勉強はできないと諦めさせてた。

私は勉強をしない息子に「そうやって勉強しないから成績が悪いのだよ。」や、私が勉強を教えてもなかなか出来なかったりすると「さっきも教えたのに何で?」と、ついつい感情的に言ってしまう事もありました。きっとこういう言葉が息子のプライドを傷つけ、どうせ勉強は出来ないと、最初から諦めてしまう考え方にしてしまったのだと反省しました。

やれば出来る言葉かけ、勉強の自信をつけさせる。

そこで、やれば出来るという、勉強への自信をつけさせようと、「大丈夫。あなたはやれば出来る子だから。」と息子に言うようにしました。苦手な図形の問題を解いている時も、ちょっとヒントを出して、自分の力で解くことができたら、「できたじゃん!ほら、やれば出来るでしょ!」と実感させて、少しずつ成功体験を積み上げて、勉強への自信をつけさせていきました。すると息子も、「意外と自分は出来るかも」と、自信をもつようになり、前は逃げていた問題にも取り組むようになりました。

先生からの言葉で、息子が自信を持った。

そして、母親の私以外から褒められると、非常に自信につながることに気がつきました。学校の面談で先生から「やれば出来る子です。」と言われたことを息子に話すと、「先生、そう思ってたんだ~。」と、嬉しそうな顔をして学校でも意欲的に勉強に取り組むようになったようです。
先生からの言葉は、かなり自信へとなったようでした。

勉強を間違うことを嫌がらせない。

家族から褒められるのも嬉しいですが、先生から言われると、すごく認められた気分になり「頑張ろう」と、勉強への意欲が湧くようです。
プライドが高いせいか、間違う事をすごく嫌がる息子に対して、「間違える事は恥ずかしいことじゃないよ。誰だって間違う事はあるから大丈夫。むしろ間違えたから分かる事もあるでしょ。」と言って、間違えたことをプラスにもっていくようにも声をかけました。

母親の言葉で、子供は勉強に取り組む意欲が上がります。

「失敗してしまったことを次はしないようにするためには、どうしたら良いかを考えればいいのだから。」と話しました。こういった内容の事を、機会がある度に話していくと、次第に息子も前向きにとらえて勉強を頑張るようになっていきました。
母親の言葉で、子供は勉強に取り組む意欲が上がります。上手に声かけしないといけませんね。

-障害児の勉強失敗談

関連記事

LD発達障害児、小学校1年生で算数が苦手に。勉強は基礎が大事。

勉強ができなくても、マイペースでのんびり屋。小学校1年生で早くも算数が苦手になる息子。イラっと怒っちゃい反省。初歩の勉強からやり直し。宿題を親子で一緒に勉強する。

体験しないとわからない、発達障害児の勉強方法

目で見て体験すれば、障害児でも理解できる。文章問題でも、図にして可視化。何度も繰り返すと、勉強が定着する。勉強がわかると、自分から勉強を始める。

勉強は継続していくもの。たまには振り返りの勉強を。発達障害児に効果あり。

小学校3年生、勉強は習ったことの積み重ね。前に習ったことを復習してみると、娘は「だって今はやってない内容だもん。」

勉強ができる姉、できない妹。タイプが違う姉妹、勉強方法も違うタイプを変えて。

わからない間違うと嫌になる。わかる解けると、やる気になる。時間を無駄にせず、苦手意識をなくす勉強方法。

ADHD発達障害児、5年生の算数は鬼門。割合が分からない娘VS割合を教えたい母。

計算はできるけど応用問題ができない、ADHD発達障害児。母親、父親の勉強の教え方が違って、子供はさらに混乱。教科書の例題で勉強すると、子供もある程度理解できた。家庭の勉強の教え方も、学校と同じにすると、子供にもわかりやすい。