障害児の勉強失敗談

ADHD発達障害児の勉強、母のやる気は100%、息子のやる気はゼロ。

マイペースなタイプです。

180228103

メニュー

180326001 180326002 180326003

小学校5年生、勉強にやる気がでない子、ADHD発達障害児

小学校5年生、体育が得意です。

私の年齢は34歳、職業は医療関係の仕事です。
専門学校を卒業後、ずっと医療の職場で働いておりましたが、妊娠・出産を機に退職し、現在はパートで働いています。

私の性格は真面目で、何事もちゃんとやらないと気が済まないタイプです。
それに対し、現在小学5年生の息子は、マイペースで、面倒くさいことはやりたくない人です。

得意科目は体育、不得意科目は社会、国語、算数、理科。

小学5年生の息子の得意科目は体育です。
運動神経は悪くないですし、本人も体を動かすのが好きなので、体育は得意なようです。

不得意科目は社会全般、国語・算数の応用問題、その他の理科・社会でも、応用問題や記述問題は苦手です。
苦手というより、自分の言葉で考えて答えるのが面倒だから、問題を見た瞬間あきらめるそうです・・・。

授業中に勉強にあきて、ぼーっと外を見てる。

授業が退屈だと、外を見ています。

小学校の1~4年生までの担任の先生は、みんな違う先生だったのですが、おもしろいほど同じことを言われました。
それは、「授業中、ぼーっとしたり、外をみたり、違う事を考えている時があります」という事でした。

そこで授業参観の時に注意深く見ていると、確かに!!違う世界へ行ってるな・・・。と思われる数分がありました。
おそらく授業に飽きてるんだな、と感じました。

家に帰ってから息子に「あの時は何を考えているの?」と聞くと、ゲームのことを考えてた、だそうです。
他にも「今日は何をして放課後遊ぼうかな~」等と考える時もあるそうで・・。
困った息子です。

学習塾に入れても、全く勉強の成果が出ない。

学習塾は、なんだか、やる気が出ない。

授業中はちゃんと先生の話を聞くんだよ!と言いましたが、4年生まで改善される事はありませんでした。
そのせいか、テストの点数も年々下がっていく一方でした。

勉強が手遅れになる前になんとかしなきゃと思い、学習塾に入れましたが、本人はやらされている感がありありで。
そんな状況じゃ勉強の成績に反映するわけもなく、1年で辞めました。

やっぱり母親の私が教えるしかない。

やはり勉強は、母親の私が教えるしかないと思い、本やネットで良いと言われている勉強法や教材を試しました。
応用問題が苦手な息子だったので、進研ゼミの応用の問題集や、中学受験向けの「トップクラス問題集」を、私がつきっきりで教えました。

お母さんだけが頑張りすぎじゃ、勉強に集中できない。

母親のやる気は100%、息子のやる気はゼロ。

なぜ勉強をしなきゃいけないのかを、子供に懇々と説明しましたが、息子本人の勉強に対するモチベーションはゼロ。
そんな中、親子での勉強を始めたので、問題を読む気もありませんでした。

私が問題を読み解かせましたが、ほとんど聞いておらず、適当に答える息子。
怒ってはいけないと自分に言い聞かせ、息子に解るように説明しましたが、空返事を繰り返す息子に私の怒りがピークに達して、もうやらなくていい!と怒ってしまい、そこで終了。
こんな感じなので長くは続きませんでした。

子供本人の勉強の実力にあってない教材をやらせていた。

この経験を踏まえ、私なりに感じた事があります。
それは本人の勉強の実力にあっていない教材を、やらせていたということです。

基本的な勉強はわかっているから、もっと上の勉強を、と思っていましたが、息子の場合は基礎的な問題をこなして、土台をしっかりさせることが重要だったのです。

自分にあった勉強内容なら、頑張れる。

できる問題を繰り返しやらせると、嫌がらずに勉強をはじめて成果が出てきた。

できる問題をこなすことは、本人も嫌がらずに取り組みますし、自信にもつながるようです。
基礎的な勉強を繰り返し、やっているうちにテストの点数も上がってきました。

5年生になってからは授業中ぼ~っとすることもなくなったそうです。

メニュー

180326001 180326002 180326003

-障害児の勉強失敗談

関連記事

アスペルガー症候群、いろんな教え方でパニックになる子

まじめでマイペース、アスペルガー症候群の傾向がある子。学校と親、教え方が違うと、子供はパニックになる。勉強の教え方は、学校を基準に。

母親の言葉が、勉強の足を引っ張る。ネガティブ発言は勉強の邪魔。

勉強に対してやる気の全くない小学校4年生のうちの息子。私がネガティブな言葉で勉強のモチベーションを下げてた。やればできると信じて、子供の勉強を見守ります。

集中できない発達障害児には、短時間で効率的なカードの勉強方法

静かに机に向かって勉強、これって発達障害児には難しいことなんです。集中が苦手な障害児には、カード学習が効果あり。あきないように、楽しくカードで勉強。集中できない子は、短時間で効率的な勉強方法が重要です。

勉強ができる姉、できない妹。タイプが違う姉妹、勉強方法も違うタイプを変えて。

わからない間違うと嫌になる。わかる解けると、やる気になる。時間を無駄にせず、苦手意識をなくす勉強方法。

ADHD発達障害児、珍解答連発、新しい漢字を発明、聞かれてないことを答える。

うっかりミスや珍回答で笑っちゃう、ADHD注意欠如多動性障害タイプの子。問題をよく読まずに、勝手に答えを書いてく。子どもならではの珍解答、これってそのままじゃダメ?苦手意識を持たせず、いいところを伸ばす、ADHD発達障害児には特に重要。