障害児の勉強失敗談

ADHD発達障害児、5年生の算数は鬼門。割合が分からない娘VS割合を教えたい母。

教え方が違うから、わからない。

180301208

メニュー

180326001 180326002 180326003

小学校5年生、計算はできるけど応用問題ができない、ADHD発達障害児

37歳の主婦です。
私は小学生の時に、親が習っていて役に立ったからという理由で、そろばんを習っていました。

そのおかげか、学校の授業で計算に困るということがありませんでした。
算数の図形は苦手ですが、数字を見たり計算したりするのは好きなので、それが講じたのか、就職先も金融系でした。

習字やダンスの習い事には興味あり。

習字とダンスを、習っています。

そんな私の子供は、数字に全く興味がなく、私も本人がやりたいものをやらせようということで、小学校に入ってからは習字とダンスを習わせていました。
ダンスみたいな活動的なものが好きなわりに、性格はのんびりで、勉強面でも焦るということをしない子です。
周囲ができるから、自分もできるようにならなきゃ!と思うことはなく、「あたしできないも~ん」と開き直るんです。

一方で、私は周囲ができるなら、自分はそれ以上にできなければ!と頑張っていたクチです。
決して自慢ではありませんが、そのせいでクラス委員とかやらされていた方です。
母子で性格が真逆です。

小学校5年生の算数、割合の計算でつまづく。

算数が、ちょっと苦手です。

さて、そんな性格の違う母子は、算数に関する考え方も違うわけで、母は「なんでこんな簡単な足し算できないの?」ですし、子は「そんなにすぐ計算できないもん!」です。
算数(といっても計算だけですが)が得意な母と、算数の苦手な娘。
そんな母子が衝突したのは、現在5年生の娘が割合の宿題をしていた時です。

1000円の10%はいくらですか?みたいな問題は分かるんですが、ちょっとした応用になると分からないんです。
学校で習ったときは分かったらしいのですが、宿題になるとてんでダメ。

よって私が全体を100としたら50%って半分だから50だよね。
じゃあ、そのうちの10%ってどれくらい?とイラストをつけて説明したのですが、いまいち分かっていない様子。
私の教え方が下手なのかもしれませんが、打てども打てども響かず。

母親、父親の勉強の教え方が違って、子供はさらに混乱。

みんなの教え方が違う。

ラチがあかないので、夫に頼んだら、夫はスーパーのチラシで説明しだしました。
「ここに398円のお菓子があって、これ40%割引ってなったら、60%の値段で買えるってことだから・・・」と、基本も分かっていないのに高等な話をしています。

ちょっと待て。
基本も分からないのにその考え方を言うな。
そもそも例題が398円とか数字細かすぎませんか?
父と母と学校で教え方が違うので、子供は「何言ってるの?」状態です。

教科書の例題で勉強すると、子供もある程度理解できた。

教科書中心の勉強がわかりやすい。

仕方ないので、学校の教科書を見せて、その例題に当てはめて宿題を解かせました。
その後、私が学校の教科書見て教え方を勉強して、なるべく同じような教え方をするようにしています。

今までは、学校の先生の教え方と、家での教え方が違っても、多少なんとかなったんですが、それは計算とか面積を求めるとかだったので、たまたまだったかもしれません。
本人もある程度理解できていましたし。

家庭の勉強の教え方も、学校と同じにすると、子供にもわかりやすい。

しかし、本人がきちんと理解できていないまま親が教えると(しかも人によって教え方がバラバラ)だと、子供は分からなくて困るし、親はイライラするし、良いことはありません。

国語は好きなので文章を読む力はあると思うのですが、算数の文章問題はまた別ですね。
○○は△△の何倍?という問題が出たら、「え?これどっちで割るの?」と悩むこともありますし。
しばらくは学校の教え方に準じようと思います。

メニュー

180326001 180326002 180326003

-障害児の勉強失敗談

関連記事

LD学習障害、読解力がない娘に読書を強要して失敗。問題解決に成功した方法は?

文章を読む能力が弱い、LD学習障害の傾向があります。勉強は強要ではなく、自らやるよう仕向けるのが親の務め。娘のペースで本読みさせると、楽しんで読み始めた。

アスペルガー、母親と一緒に勉強で落ち着きを。気分のムラが大きく癇癪の発達障害児。

成長とともに雑になる。アスペルガー症候群の発達障害児。できるできないのムラが大きく、字が雑で汚い、癇癪を起こす。漢字の書き順のため、タブレット教材を使ったら、ゲーム感覚になり、うちの子の勉強には向いていない。私がついてあげると、落ち着いて勉強できるように。

LD学習障害児、文章理解の勉強方法は、まずは好きな本を読むことから

文章の理解力がない、LD学習障害傾向の子。音読は上手、でも読解力がない。文章問題攻略するための勉強方法は、まず本を読むところから。勉強の本じゃなく、好きな本なら自分から読んでくれます。

LD学習障害児、国語は得意でも算数がめっきり苦手、得意不得意が極端

勉強の得意不得意が極端な、LD学習障害タイプの子。通知表では、得意不得意の差がはっきり。頑張って教えても怒鳴ってしまって、やる気をなくし悪循環。親がうるさく言い過ぎたのは、失敗かも。

自閉症、時計がわからない、友達ができない小学3年生

友達ができなくて、時計がわからない、自閉症タイプの子。勉強が大嫌い、特に算数が全くできない。3年生になっても、時計がわからない。学校生活のために、時計の見かたの特訓中です。私が教えるとケンカになるので、通信教材を始めるつもりです。